鎌倉版 掲載号:2016年9月9日号 エリアトップへ

少年野球チーム「山崎ファイターズ」の監督を務める 下田 忠さん 横浜市栄区在住 58歳

掲載号:2016年9月9日号

  • LINE
  • hatena

「心から野球を楽しんで」

 ○…山崎小学校の児童からなる少年野球チーム「山崎ファイターズ」。その監督として、7月17日から31日まで横浜スタジアムで開催されたリスト杯神奈川県学童軟式野球選手権大会で、チームを優勝に導いた。鎌倉代表が県大会を制したのは24年ぶり。「集中力が高く、1回戦から良い流れだった。子どもたちが心から野球を楽しんだことが、勝利の一番の決め手」と満面の笑顔で語る。

 ○…野球を始めたのは、小坂小学校3年生のとき。地元のチーム「ヤング小袋谷」に入団したことがきっかけだった。「仲間とグラウンドを走るのが、とにかく楽しかった」と振り返る。大船中学校、藤沢商業高校でも迷わず野球部を選択。卒業後は地元信用金庫のクラブチームで内野手として活躍した。

 ○…30歳を過ぎ、ひじのケガで選手としては一線を退いた。以後は指導者に転身。福祉施設で働きながら中学生や小学生に技術を教えるようになり、3年前に少年野球チーム「山崎エース」の監督に就任した。今年3月に同じ地区の「オール台ファイターズ」と合併して発足した「山崎ファイターズ」でもチームを率いる。「リスト杯では準決勝で疲れが出て延長戦になるなどピンチもあったけれど、気力で乗り越えていた。自分が大好きな野球に、子どもたちも夢中になってくれるのが一番うれしい」と目尻にしわを寄せる。

 ○…「上から押し付けられた方法では技術が全く身につかなかった」という自身の経験から、問題が起きても解決に向けたヒントだけを子どもたちに投げかける。「自分で考えることが力になるし、全部教えて貰っちゃうのはつまらないでしょ。恐れずにどんどん失敗していくのが大切」と笑う。「野球に打ち込める環境に感謝することと、とにかく野球を楽しむこと。この2つがあれば必ず上手くなる。これからも、たくさんの笑顔を見せてほしいですね」と白い歯を見せた。

鎌倉版の人物風土記最新6

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

西川 史晃さん

南米大陸最高峰アコンカグアの登頂に成功した登山家

西川 史晃さん

稲村ガ崎在住 37歳

2月7日号

野口 雅章さん

写真集「江ノ電305」を発刊した

野口 雅章さん

極楽寺在住  59歳

1月31日号

廣田 善幸さん

鎌倉バレーボール協会会長でこのほど神奈川県体育功労者として表彰された

廣田 善幸さん

藤沢市在住 73歳

1月24日号

光成 佳世さん

深沢中学校の通学路「危険マップ」を発案した

光成 佳世さん

梶原在住 42歳

1月17日号

大田 裕多佳さん

県私立学校教育功労者表彰を受賞した学校法人早見芸術学園の理事長

大田 裕多佳さん

小町在勤  65歳

1月10日号

牧田 芳明さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

牧田 芳明さん

由比ガ浜在住 39歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

僧侶と歩く十三仏参り

僧侶と歩く十三仏参り

3月末に2日間開催

3月30日~3月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク