平塚版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

海岸樹林帯を守りたい地域住民と開発を進める平塚市行政 企画・製作/平塚の未来を考える市民会議 代表 築城稔

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena

 5月30日に平塚海岸樹林帯で「海街フェス」が行われました。これは、平塚海岸龍城ケ丘プール跡地とその東側樹林帯の総合公園化計画に対し、プール跡地以外の樹林帯保全を願う複数の市民団体による活動です。

 当日は2千人を超える市民が来場。かつて湘南一帯は飛砂や潮風の被害に見舞われたことから、先人達が苦労して海岸に木を植え育ててきたこと、40年かけて強風や塩害、津波から街を守ってくれている森を切ってまで市は開発を進めるべきではないこと、樹林帯を保全し次代につなげていこうという認識を主催者と共に確認しました。

 私は、平塚市行政と市民が平塚の未来にとって何が大切かを再度話し合う機会を望んでいます。市長は開発の後ろ盾としていた「多くの市民が事業に肯定的」という見解について、具体的な統計ではなく「自分の感覚」と訂正しています。

 一方、5858筆の反対署名が実際にあります。市議会は市民の代表として再考する義務があると考えます。

砂上の楼閣

 全国の砂浜で浸食が問題となる中、平塚海岸は浸食された砂浜に土砂を入れて補修しているようですが、波の浸食により波打ち際からわずかな砂浜を残して断崖を形成し(=写真)、その断崖自体も浸食が見られます。その場所に公園を造ろうとしているのです。文字通り「砂上の楼閣」では。なぜ高いリスクを冒し開発するのでしょう。

令和の魔女狩り

 今年3月、松本敏子市議が平塚市議会史上初の懲罰特別委員会を経て、戒告処分となりました。松本市議は議会で龍城ケ丘公園整備を巡り「市が嘘を押し切って進めている」と発言。問題とされたのは「嘘」という言葉の品位です。松本市議の「嘘」とは、市長や担当部長の「多くの市民が海岸整備計画に肯定的」という発言が嘘であるという主張です。

 市長は定例会見で記者からの質問に対し、開発推進の御旗としてきた多くの市民の肯定的意見を直近では根拠のない「自分の感覚」と言い換えています。このほど懲罰動議に対する住民監査請求がなされました。このまま開発が続いて良いのでしょうか。

■平塚の未来を考える市民会議事務局

【電話】090・3695・4392/平塚市日向岡1の17の44/【メール】gaps6@ezweb.ne.jp
 

平塚の未来を考える市民会議

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版の意見広告・議会報告最新6

日本を前に進める

特別対談

日本を前に進める

河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

10月14日号

県道77号(平塚松田)土屋東地区の道路整備事業

県政報告

県道77号(平塚松田)土屋東地区の道路整備事業

県議会議員 森正明(自民党)

8月26日号

コロナ禍における防災の心得

市議会報告

コロナ禍における防災の心得

企画/公明党平塚総支部

8月26日号

接種率向上など要望

県政報告

接種率向上など要望

神奈川県議会議員 藤井しんすけ(公明党)

8月19日号

「ワクチン後」見据え備えを

県政報告

「ワクチン後」見据え備えを

神奈川県議会議員 米村かずひこ

7月1日号

平塚市は木を切らないで

環境保全を考える議員有志の会 意見募集広告

平塚市は木を切らないで

6月24日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook