大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

小学生デュオW受賞 ウクレレの「小梅&大輝」

文化

「緊張したけれど、一番いい演奏ができました」とコンテストの賞状を手にする大輝君(左)と小梅さん
「緊張したけれど、一番いい演奏ができました」とコンテストの賞状を手にする大輝君(左)と小梅さん

 二宮小学校6年の守屋小梅さんと茅ヶ崎市立柳島小学校5年の三浦大輝君によるウクレレユニット「小梅&大輝」が、ウクレレパフォーマンスコンテストで弾き語り部門の2位にあたるテクニック賞を獲得した。24組が出演した弾き語り&ハワイアン部門の審査員特別賞にも選ばれた。

 名古屋市内で1月13日に行われたコンテストで、小梅さんと大輝君は大人のアマチュア演奏者に混じり、『学園天国』を披露。小梅さんの伸びやかな歌声と大輝君の巧みなウクレレソロで会場を沸かせた。歌詞の一部を名古屋にちなんでアレンジし、振り付けも見せるなど堂々としたパフォーマンスで拍手喝采を浴びた。

 二人は茅ヶ崎市にあるウクレレ教室で出会い、昨年6月に同市内のイベントで「デビュー」。その後、約半年間で大磯市など地元の催しに出演して30回のライブを行った。『上を向いて歩こう』やハワイアン、Jポップの楽曲のレパートリーを持つ。

 今年2月から別々だったレッスン日を同じにして、息の合った演奏に磨きをかける。「コンテストで高レベルの賞を目指す」(小梅さん)、「二人でもっと大きな大会に出たい」(大輝君)と気合十分だ。

 フェイスブックで演奏活動の様子などを紹介。検索は「koumedaiki」

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第20回「寺内正毅【3】」文・武井久江

    4月12日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク