秦野版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

渋沢 子どもたちで休校対策 地域貢献など自主的に活動

社会

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
対策本部のメンバー
対策本部のメンバー

 渋沢地区に住む近所の子どもたちが集まり、「コロナ対策本部」を設置した。新型コロナウイルス感染症への感染に十分留意しながら勉強や運動、地域貢献など、子どもたちで考え、自主的に活動している。

 この対策本部は、在宅勤務の親がいるメンバーの家を利用。新型コロナウイルス感染症の感染拡大で小中学校等が休校になり長くなった春休みを有効に過ごすため、子どもたちが設置し活動している。両親が仕事でいないなど、近所の子どもら小学2年生から中学3年生までの12人が参加。休校が開始となった3月2日から、この長い休みにできることについて話し合って活動している。

 この「コロナ対策本部」では、高学年の子が低学年の子に勉強を教えたり、家の外で鬼ごっこ等で体を動かしたりと、メリハリをつけて活動。また、ニュースで話題になっていることなどから自分たちでできることを考え、実際に行動に移している。トイレットペーパーやティッシュぺーパーが品薄となっていることを受け、近所に住む高齢者宅を回り、「何か足りない物はありませんか?代わりに買いに行きます」と声かけに。さらに、「本当に必要ですか?」と書いたポスターを作成し、近隣の紙製品を扱う店に掲出を依頼。すでに6店舗に貼られている。子どもたちは「みんなで教えあって勉強できて楽しい」「家に一人でいるより寂しくない」「地域の事に携わることができて良い経験」などと笑顔で話した。

感染対策にも細心の注意

 新型コロナウイルス感染症に感染しないために、感染対策にも留意している。集まる前にそれぞれ自宅で朝体温を計ったり、自身の体調が万全かどうかチェック。それを踏まえて来られる人だけが集まっている。また、マイボトルを持参し、15分置きに水分補給。タイマーをセットし、飲み忘れを防止する徹底ぶりだ。また体を動かしてよく食べてよく寝るなど、できることをしているという。

 子どもたちを預けている親は「家にいたら絶対やらない勉強も、皆と集まることで全然嫌そうじゃない」「行事も学校もなくなり泣いていた娘が今は毎日忙しそうに生き生き活動していて嬉しい。娘を預けて安心して仕事に行けて助かっている」等という声が上がっている。

秦野版のトップニュース最新6

「コロナ感染症」に負けるな

疲弊する市内経済

「コロナ感染症」に負けるな 経済

商店会が独自に対策

4月3日号

秦野丹沢まつり中止に

秦野丹沢まつり中止に 文化

3.11以来2度目、コロナ影響

4月3日号

小規模特認校スタート

上小学校

小規模特認校スタート 教育

初年度は6人が制度利用

3月27日号

秦野初の真打が誕生

春風亭一左さん

秦野初の真打が誕生 文化

ふるさと大使にも就任

3月27日号

「曽屋水道記念公園」に

旧曽屋配水場

「曽屋水道記念公園」に 文化

130周年機に呼称変更

3月20日号

薬師如来 県重要文化財に

東光寺

薬師如来 県重要文化財に 文化

貴重な「一日造立仏」と判断

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「備長釉」の陶器展示

「備長釉」の陶器展示

香窯陶芸工房 春の作品展

3月29日~4月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク