秦野版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

東光寺 薬師如来 県重要文化財に 貴重な「一日造立仏」と判断

文化

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
簡素な造りが特徴、右手首から先は亡失している
簡素な造りが特徴、右手首から先は亡失している

 神奈川県教育委員会は3月9日に開催した定例会で、東光寺(秦野市南矢名366)の「木造薬師如来立像」を県指定重要文化財に指定した。市内で同指定を受けるのは今回で6件目。

 同寺の「木造薬師如来立像」は、鎌倉時代の建長8年(1256年)に造られたとされる。寄木造で像高は128・1cm、材質はヒノキ。現在は建て替え工事が進む薬師堂の本尊で、左掌上に薬壺を持つ。1965年に秦野市指定重要文化財に指定された。

 右手首から先は無く、左手首先と両足先、光背と台座は後補とされるが、全体の保存状態は良好。特徴は全体の造りが簡素なものとなっていること。頭髪は渦巻き状の線刻で表現し、目鼻、袖、衣文なども、簡略な彫刻が施されている。表面の彩色も頭髪が黒塗りで、髪際は緑青線、眉・髭が墨書き、両眼白色彩など頭部の一部に限られ、大部分は素地仕上げとなっている。体部分の背面には「建長八年大歳丙辰三月八日」と書かれ、鎌倉時代1256年の造像であると推定されている。

 そうした特色から、県は同像を、病気平癒や雨ごいなど、一刻を争う時に一日で造って供養した「一日造立仏(いちにちぞうりゅうぶつ)」である可能性が高いと判断。近年脚光を浴びる「一日造立仏」に関連する貴重な作例としている。この「木造薬師如来立像」は12年に一度、寅年の御開帳日だけ見ることができる。

 同寺の樋口亮順住職は「なぜ片手がないのかなど所説あるが、この木造薬師如来立像は片手薬師などとよばれ、地元の方から大切にされてきた。現在建設中の新しい薬師堂と合わせ、地域としてこれからも温かい目で見守っていただければ」と話した。

背面には造られたと思われる日付が記される
背面には造られたと思われる日付が記される

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

はだのっ子キッチン完成

秦野市

はだのっ子キッチン完成 教育

関係者ら開所式

10月22日号

卒業生20年の思い紡ぐ

北中学校

卒業生20年の思い紡ぐ 教育

タイムカプセル開封

10月22日号

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明 政治

来年1月 秦野市長選挙

10月15日号

市民と店舗LINEでつなぐ

市民と店舗LINEでつなぐ 経済

10月20日からスタンプラリー

10月15日号

“青パパイヤ”を初出荷

秦野市

“青パパイヤ”を初出荷 社会

特産化めざし15農家が栽培

10月8日号

東海大駅前交番移転へ

秦野警察署

東海大駅前交番移転へ 社会

ロータリーで新築工事開始

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook