秦野版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

旧曽屋配水場 「曽屋水道記念公園」に 130周年機に呼称変更

文化

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
新しい呼称の看板が設置された曽屋水道記念公園と公園会のメンバー
新しい呼称の看板が設置された曽屋水道記念公園と公園会のメンバー

 秦野市は、3月15日に迎えた秦野水道130周年を記念し、旧曽屋配水場(曽屋公園)の呼称を「曽屋水道記念公園」に変更した。公園に看板が取り付けられ、6月には地元住民の団体「曽屋水道記念公園会」が記念イベントなども予定している。

 秦野の水道の歴史は、1890年(明治23年)3月15日、横浜、函館に次いで全国3番目に竣工・給水を開始した「曽屋水道」に始まる。昔は曾屋神社境内内に湧水する「井之明神水」を用水路に流し、生活用水として使用していたが、人口増加に伴い水の配分争いが発生。そこで、地元住民が私財を投じて湧水口から隧道を掘るなど、住民の手で用水路が広げられてきたという。

 1879年(明治12年)、コレラが流行したことを契機に飲料水改良の検討がなされ、曽屋区水道布設事業の計画を開始。1890年、簡易陶管水道・自営水道としては日本で初めて給水を開始し、1983年に役目を終えるまで市民の生活を支えた。1990年には配水池やポンプ室が残る曽屋配水場を公園として整備し、現在も市民に公開されている。また、こうした歴史を伴う水道施設が文化財として貴重な価値があると、曽屋水道が2017年には国の登録記念物(遺跡関係)に登録された。

地元有志の会が公園通じPR

 2019年には、曽屋水道の歴史を伝えていこうと、地元有志によるボランティア団体「曽屋水道記念公園会」(杉山和史会長)が立ち上がり、同公園の清掃やPR活動などを行っている。現在は約10人がメンバーとして、草刈りや花壇の整備などを実施。130周年を迎えた今年は、6月にある水道週間に合わせて、同会主催でイベントも行う予定だ。

 「曽屋水道は地元からの声で作り上げてきたもの。ボランティアによる活動で公園も明るくなっている」と市担当者。杉山会長は「PRすることで街の活性化に繋がれば。憩いの場にしたい」と話した。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

はだのっ子キッチン完成

秦野市

はだのっ子キッチン完成 教育

関係者ら開所式

10月22日号

卒業生20年の思い紡ぐ

北中学校

卒業生20年の思い紡ぐ 教育

タイムカプセル開封

10月22日号

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明 政治

来年1月 秦野市長選挙

10月15日号

市民と店舗LINEでつなぐ

市民と店舗LINEでつなぐ 経済

10月20日からスタンプラリー

10月15日号

“青パパイヤ”を初出荷

秦野市

“青パパイヤ”を初出荷 社会

特産化めざし15農家が栽培

10月8日号

東海大駅前交番移転へ

秦野警察署

東海大駅前交番移転へ 社会

ロータリーで新築工事開始

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook