神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2022年7月8日 エリアトップへ

丹沢そば 収穫と種まきを実施 幻の「キタノマシュウ」も

社会

公開:2022年7月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
大型農機具による春そばの収穫作業
大型農機具による春そばの収穫作業

 丹沢そば茶屋本舗(石井勝孝会長)が、次世代の農業の担い手を育成するために実施している「農業アカデミー」の会員と春そばを収穫するとともに、6月下旬には新たに夏そばの種まき作業を行った。

 今回春そばと夏そばでは、幻の品種とも言われる「キタノマシュウ」を生産。この品種はそば本来の青みが濃くて甘みが強いのが特徴。同社では本来のそばの風味をしっかり生かそうと、収穫が遅れないように注意を配るなど、丹精込めて栽培している。

 同社では「本物のそばの味を提供したい」と話す。収穫したキタノマシュウを使った十割そばなどは7月中旬ごろから同店で販売される。

秦野版のローカルニュース最新6

大賞は米満さん油彩画

大賞は米満さん油彩画

秦野美術協会展に91作品

6月25日

人命救助で7人に感謝状贈呈

人命救助で7人に感謝状贈呈

秦野市消防本部

6月22日

7選手が関東大会に出場

7選手が関東大会に出場

丹沢ジュニアソフトテニスクラブ

6月21日

あの日の音色展

あの日の音色展

7月5日から7日

6月21日

ウクレレを楽しむ

ウクレレを楽しむ

6日、ぱれっと・はだの

6月21日

ラ・プリマベーラが本日コンサート

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook