厚木版 掲載号:2017年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川工科大4年生 世界が認めた「VR赤ちゃん」 最大規模のCG国際会議へ

教育

(左から)東田さん、望月さん、浅野さん。赤ちゃんのベッドも手作り
(左から)東田さん、望月さん、浅野さん。赤ちゃんのベッドも手作り
 神奈川工科大学(小宮一三学長・下荻野)の学生らが開発したVR赤ちゃんプロジェクト「Real Baby-Real Family」が世界的評価を受けた。7月30日(日)から米・ロサンゼルスで開催される世界最大のCGの国際会議「SIGGRAPH(シーグラフ) 2017」に参加する。学生としては異例の快挙。

 「SIGGRAPH」は、毎年数万人のCG専門家などが参加する世界有数の会議。VR=バーチャルリアリティーは、没入感高く映像空間を体感できることから、近年エンターテインメント分野を中心に注目を集めている技術。「Real Baby-Real Family」は、VRによる「仮想の子育て」体験を通し、出産や子育てを主体的に考えてもらうことを目的に開発された。この目的や、学生自らが先端技術を応用し、VR作品を開発して少子高齢化問題にアプローチした点が評価されたという。

 開発メンバーは、発案者である望月宥冶(ゆうや)さん(情報メディア学科4年)をリーダーに、主にプログラミングを担当した浅野隆弥さん(同)、3Dイラストレーションなどに携わった東田茉莉花さん(同)など学生6人。「みんなに助けられっぱなしでした」と望月さんが振り返るように、各自の得意分野を活かしたチームワークが、評価される作品につながったという。

「自分の赤ちゃん」あやす体験

 作品テーマは「VRで愛を表現しよう」。「ヘッドマウントディスプレー」を応用し、上下左右360度体感できる育児空間を実現。「VR赤ちゃん」に親しみを持てるよう、泣き声は実際の赤ちゃんから録音。顔画像処理の技術で、体験者に「似ている顔」の3D画像が赤ちゃんに再現される。カップルや夫婦の顔の掛け合わせも可能だ。

 同作品をもとに、起業も視野に入れ活動する望月さん。「SIGGRAPHは出展だけでもすごいこと。会場中がこの作品のフライヤーを持っている状態にできたら良いなと思います」と意気込みを話した。

厚木版のトップニュース最新6件

家族のイルミ今年も輝く

森の里若宮公園

家族のイルミ今年も輝く

12月8日号

説明会に住民ら20人

ヨーカドー跡地

説明会に住民ら20人

12月8日号

「口から食べる」を支援

東名厚木病院

「口から食べる」を支援

12月1日号

半分は分譲マンションに

ヨーカドー跡地

半分は分譲マンションに

12月1日号

新たな産業拠点創出へ

酒井地区

新たな産業拠点創出へ

11月24日号

コンビニスタッフお手柄

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク