鎌倉版 掲載号:2017年5月5日号

大船立体

5月末開通へ工事進む 社会

車道・北側歩道の通行可能に

「大船立体」の台側では交差点の整備が進む
「大船立体」の台側では交差点の整備が進む

 市内台3丁目から大船3丁目に架かる「大船立体」が5月末に開通し、車道本線と北側歩道の通行が可能になる。小袋谷跨線橋の老朽化に伴って進められてきた同事業。大船消防署前から鎌倉武道館前までがつながり、「大船の玄関口」はその姿を大きく変えることになりそうだ。

 大船立体は、腰越3丁目の国道134号線を起点に小袋谷1丁目へとつながる県の都市計画道路「腰越大船線」(6・3Km)の終点部約370mで整備が進められているもの。

 もともとこの場所には、1931年に日本初の自動車専用道路として完成し、85年に市道となった「小袋谷跨線橋」がJR横須賀線や県道小袋谷藤沢線を跨ぐかたちで設置されていた。

 しかし老朽化による耐震性への懸念や、6・1mと車道が狭く交通安全上の問題があったことから、県は2002年以降、段階的に整備を進めてきた。

 14年3月には仮橋による暫定通行を開始。その後、跨線橋の撤去や武道館側の交差点の設置工事などが行われてきた。

 このほど新橋が完成し、5月末から車道(7・5m)と北側歩道(3・5m)の通行が可能になる。車道は以前の跨線橋の約1・2倍の道幅に。これにより大船消防署前(大船3丁目交差点)から鎌倉武道館前へとつながることになる。

 県藤沢土木事務所によれば、開通後は仮橋の撤去や南側歩道(3・5m)の設置、県道小袋谷藤沢線へとつながる交差点の整備を「17年度中に実施する予定」としている。
 

鎌倉版のトップニュース最新6件

「歴史文化交流館」が開館

海岸から鎌倉の魅力発信

ビーチフェスタ

海岸から鎌倉の魅力発信

5月19日号

補助金活用しトイレ設置

浄智寺

補助金活用しトイレ設置

5月12日号

「地域の文化、次世代に」

画面上で三十三観音巡り

観音ミュージアム

画面上で三十三観音巡り

5月5日号

花火大会「復活開催」へ

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/