青葉区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

鴨志田からネット番組「エンジェルひばりのヒゲテレビ」を毎月配信する エンジェルひばりさん 麻生区在住 57歳

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

毒舌、笑いに秘めた優しさ

 ○…「あなた、そんな厚化粧でよく外に出れたわね」。毒舌が冴えわたるのに嫌みがなく、店内が笑いに包まれるのは話芸のなせる業か。鴨志田の「中古レコードのタチバナ」の常連だったことが縁で、昨年から始めたネット配信番組「エンジェルひばりのヒゲテレビ」。放送を重ねるごとに評判を呼び、9月11日は清水アキラさんをゲストに迎える。「ものまね界の頂点にいる人で、とても来てもらえるような人じゃない。シャレで出演をお願いしたら快く引き受けてくれて、最初は『暑さで頭がおかしくなったんじゃないか』と思ったくらい」とは本人なりの最大級の感謝の言葉だ。

 ○…美空ひばりのそっくりものまねとして活動して26年。歌謡曲好きの父親の影響で15歳の時に演歌歌手として芸能界入り。しかし、幼少期の交通事故の後遺症で30歳を過ぎた頃に右耳が全く聞こえなくなり、歌手を断念。それでも大好きな歌を諦めきれず、当時経営していたパブで評判だったものまねで生きていこうと決めた。当初はその外見が注目を集め、テレビ取材が殺到した。「最初は『美空つばめ』っていう芸名だったの。でも、ひばりさんの後援会から『美空』はひばりさんだけのものって言われて。今は後援会にも応援、いや、黙認してもらっているかな」と笑う。「職業・美空ひばり」を自認し、大好きな人を真似るからには妥協はしない。お笑い要素は入れつつも、ほぼ全曲を原曲のキーで歌い、不死鳥ドレスなども忠実に再現。「こんな私の歌でも泣いてくれる人がいる。観てくれる人がほんの一瞬でもひばりさんを感じてもらえたら」

 ○…取材の翌日、「バケモノひばりでございます」という書き出しで始まる達筆で丁寧な礼状が届いた。人柄が伝わる温かい礼状だった。

青葉区版の人物風土記最新6

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月28日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

横澤 孝泰さん

今年4月に開校した神奈川県立あおば支援学校の初代校長に就任した

横澤 孝泰さん

恩田町在住 59歳

4月30日号

小澤 明夫さん

新しく青葉区長として着任した

小澤 明夫さん

港南区在住 58歳

4月16日号

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

3月26日付で青葉警察署の署長として着任した

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

青葉区在住 58歳

4月9日号

宰田 充人さん

6年半にわたり青葉区の交通安全に尽力し、この3月で警察官を退職した

宰田 充人さん

市内在住 60歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク