青葉区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

第63回「輝く!日本レコード大賞」で新人賞を受賞した 望月 琉叶(るか)さん 横浜市出身 25歳

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

演歌歌手の夢叶え世界へ

 ○…演歌歌手として2020年にソロデビューし、昨年の「輝く!日本レコード大賞」で新人賞を受賞。「信じられない気持ち。デビューしてからここまで様々な人に支えられ、背中を押してもらい成し遂げられた一歩。これをスタートに頑張っていきたい」

 ○…演歌歌手を目指していた母と祖父の影響か、両親の営む店で流れる演歌を聴きながら育ち、よく歌っているような子どもだった。小学生の時に『柳ヶ瀬ブルース』を聞き、その「大人っぽい」歌詞に魅かれて演歌歌手を目指すように。大学4年時、現在の事務所からスカウトされ、「演歌歌手として活動したい」と思いを伝えた上で、「演歌を世界へ」が合言葉のアイドルグループ「演歌女子ルピナス組」(現/民族ハッピー組)に参加。これまで世界を舞台に公演した経験も。演歌歌手として2枚のシングルをリリース。2月には新曲「ピンクのダイヤモンド」の発売を控え、波に乗る。

 ○…「人事を尽くして天命を待つ」を座右の銘に「これまでしつこいくらいに芸能事務所に履歴書を送った」と笑う。そうして祖父から三代続く演歌歌手になるという夢を叶えた。とは言え、「デビューしてからは大御所の方に圧倒されるばかり。もっと歌に磨きをかけ、支えてくれる人や家族に活動で恩返ししたい」と前を見据える。

 ○…絵を描くことも趣味。中学生の頃に描いた漫画が賞の佳作に選ばれたことがあり、「ゆくゆくはグループメンバーを描いてみたい」とも。各ジャンルを歌うが、演歌は全ての土台。日本の文化を守りつつ「アイドルの活動をきっかけに海外でも演歌を聞いてもらいたい」と発信に対する思いは強い。愛嬌も兼ね備えた演歌歌手として新たな魅力を届けていく。

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

ハマ リュウノスケさん

web劇団「ヨコハマヨリック」を主宰する

ハマ リュウノスケさん

青葉区在住 44歳

5月12日号

高橋 充さん

青葉区スポーツ推進委員連絡協議会の会長として市教育委員会表彰を受けた

高橋 充さん

荏田北在住 61歳

5月5日号

玉田 裕之さん

4月に桐蔭学園中等教育学校の校長に就任した

玉田 裕之さん

鉄町在勤 57歳

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

天下谷(あまがや) 秀文さん

4月1日付で青葉区長に就任した

天下谷(あまがや) 秀文さん

青葉区在住 59歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook