鶴見区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

社会福祉法人あさひの理事長を務める 平出 田鶴子さん 馬場在住 85歳

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena

学び続ける福祉の先駆者

 ○…ホームヘルパーの養成研修を日本で最初に開設した社会福祉法人あさひ。今ではヘルパー派遣や障害者支援など、事業は多岐に渡る。理事長ながら現在も現場を回り、自ら勉強する忙しい毎日を送る。モットーは「自分を尊敬していなくて人から信頼されることはない」ということ。常に誇りを持って人と接する。

 ○…幼い頃は貧しい生活だった。「女は勉強しなくていい」。そんな時代に「女も男と対等に学ばなければ」と強く感じていた。大学まで福祉を学び、病院の医療ソーシャルワーカーとして働いた。人の相談を受ける仕事。「自分はそんな器なのか」。一度自信をなくし、職から離れたこともあった。福祉の世界に戻ったのは障害をもった子どもが生まれた頃。当時、介護や看護の教室がないことに違和感を感じていた。「大家族の時は家庭の知恵や技術をおばあちゃんが教えてくれた。でも核家族化の中で、そのスキルは学ばないと得られない」。1973年にあさひの前身となる家庭看護学院を創設。在宅福祉の考えなどない時代。世間の反発も大きかったが、あの手この手で道を開いてきた。

 ○…20歳から始めた日本舞踊。今でも月2で教室に通う。その道では最大の流派とされている花柳流の名取。「体を動かすのは大切」。若さの秘訣はここにあるのかもしれない。それは仕事にもつながる。「考えているだけじゃなくて、頭と体と心の3つを使わないと」

 ○…来年には理事長職を引退し、後継者に引き継ぐ。「2代目になったら2代目の風が吹く」と清々しい表情。「ただ、日本はまだまだ縦社会で強いもの勝ち。『いかに自分が社会の役に立てるか』そんな風に考える人が増えればいい。私もまだまだ勉強して、人様に寄り添っていきたい」。先見の明で見守って行く。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク