鶴見区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

鶴見のセラピスト3人によるイベント「つるみ癒しいち」をまとめる 丸山 朋子さん 寺谷在住 50歳

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

「楽しい」を企画する

 ○…様々なセラピー体験ができる「つるみ癒しいち」の主催者の1人。「コロナ禍で気付かないうちにストレスが溜まっている人も多い。地元で気軽に寛げる場ができれば」。短めのコースで毎回ゲストを呼び、色々な体験ができる同企画は、区内在住の2人のセラピスト仲間と「あったらいい」を実現させたものだ。「喜んだ顔を見るのが嬉しい」。はつらつとした笑顔が印象的だ。

 ○…しっかり者の幹事役。会社に勤めていた際は、社内旅行で120人の宴会を仕切り、友人のウエディングの司会は6〜7回任された。身近な人を集めたイベントを企画するのも得意。豊岡小に通っていた二人の息子のために、同学年の親子などを集めてハロウィーンや卒業パーティを企画。「初めましては抵抗感があっても知り合い同士の小さなイベントなら楽しんでくれる人が多くて」。夫の転勤で中国の上海で暮らしていた間も、幼稚園のサッカーチームを1から作った。「ないものは、作ればいいと思って」

 ○…調理師や栄養士の免許も持ち、普段は、鶴見中央地域ケアプラザの厨房で働く。子どもが体調を崩したことがきっかけで、腸活に興味を持ち、一般社団法人が認定する麹マスターの資格を取得。自家製の麹を作ることも。「子どもに食べさせるため、玉子焼きに入れたり工夫してます」と話すのは母の顔だ。

 ○…「0から1を作るのは簡単ではないけど、声をあげたら皆が手伝ってくれる。周りの人に恵まれた」。大切にしてきたのは、小さな縁を大きくできるよう努めること。資格取得で出会った人などとも、今だに付き合いがある。「共通のものを通じて、人と出会えるのは新鮮」。縁を大切にするまとめ役が「楽しい」を作り出していく。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

今関 弘明さん

区内サッカーチーム・下野谷レッグスの代表を務める

今関 弘明さん

本町通在住 55歳

6月17日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

山崎 匠さん

全国規模の賞を受賞した串焼き居酒屋楽匠=鶴見中央=のオーナー

山崎 匠さん

潮田町在住 41歳

6月3日号

笹方 未祐花(みゅうか)さん

ボランティア団体「はぐみー」の代表を務める

笹方 未祐花(みゅうか)さん

汐入町在住 19歳

5月27日号

桑島 秀一さん

県立鶴見高校同窓会の会長を務める

桑島 秀一さん

相模原市在住 67歳

5月20日号

小島 順一さん

潮田地区センターの館長として、まちづくりなどに尽力する

小島 順一さん

本町通在勤 62歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 前へ。経済再生と女性支援

    市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

    前へ。経済再生と女性支援

    横浜市会議員(自民党)東みちよ

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter