多摩区版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した 神園 佳昌さん 幸区在住 35歳

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena

笑顔に秘めた強い意志

 ○…20代から40歳の若手がまちづくり活動に取り組む、川崎青年会議所のリーダーに就いた。70周年式典は昨年行ったが、コロナ禍で活動を制限された。今年は、例年のお茶会や講演会などを企画。2023年の東海道川崎宿400年、24年の川崎市制100周年という大きな節目を見据え、「組織の土台固めをしていく」という。自分たちのやるべきことを見直すために、物事の本質を捉え、さらに高みを目指す意味の「格致日新」をスローガンに掲げた。

 ○…行政書士の先輩でもある前理事長の誘いで、13年にJCへ入会。「同世代の各界をリードしている人たちが光って見えた」と振り返る。広報委員長だったとき、JCの周知とスポンサー獲得のため、活動報告のパンフレットを制作した。営業未経験で広告集めの商店街回りは精神的につらかったが、周囲のメンバーに助けられてチームプレーの良さを知った。

 ○…挫折と失敗の繰り返しだった。中学でコーチとそりが合わず、サッカー選手の夢を断念。高校受験に失敗し、2次募集の私立高校へ。夢を与える仕事に就きたいと声優を目指すが実らず。フリーターとなり、18歳の夏に自動車を購入し、冬に事故で破損。自動車購入時に法律的な無知の怖さを感じ、勉強のため行政書士の資格を目指した。アルバイトをしながら3年越しで合格。「ずっと中途半端をしてきたので、これだけは達成しなきゃと思った」

 ○…資格取得後、法律事務所の事務職として勤務。現在は独立し、主に成年後見の仕事に取り組む。「独立してJC活動に割ける時間が増えた」と笑い、意欲をのぞかせた。妻と2人暮らし。たまの休日はスーパー銭湯めぐりをするほか、『新世界より』などアニメ動画を見て過ごす。

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

高橋 良八(よしや)さん

看板制作の技能者として、今春の黄綬褒章を受章した

高橋 良八(よしや)さん

宿河原在住 78歳

5月13日号

堀川 華那(はな)さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)の学生代表に今月就任した

堀川 華那(はな)さん

県立多摩高校出身 20歳

4月29日号

村上 治三郎さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

村上 治三郎さん

枡形在勤 58歳

4月22日号

緒方 雅子さん

二ヶ領せせらぎ館で今月、多摩川の野草の植物画展を開いている

緒方 雅子さん

堰在住 62歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

手塚 はるかさん

土地区画整理の空き地で移動型珈琲店を営み、登戸のまちづくりを仕掛ける

手塚 はるかさん

登戸在勤 41歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook