麻生区版 掲載号:2014年12月5日号 エリアトップへ

「精神障害に理解を」 ハウス加賀谷さんら講演

社会

掲載号:2014年12月5日号

  • LINE
  • hatena
松本ハウスの2人が登場するフォーラムのチラシ
松本ハウスの2人が登場するフォーラムのチラシ

 精神障害者への理解を深めてもらおうと、多摩市民館(多摩区登戸1775の1)で12月12日、フォーラム「ありのままに〜統合失調症がやってきた〜」が開かれる。統合失調症で療養し、芸能界に復帰した漫才コンビ松本ハウスのハウス加賀谷さんが講演し、漫才を披露する。主催するのは、市内のNPO法人や社会福祉法人などで構成する同フォーラム実行委員会。

 統合失調症とは幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患。薬の開発やケアの進歩によって回復または日常生活に支障がない状態に至るケースも増えている。 人気絶頂中だったハウス加賀谷さんは統合失調症を悪化させ、99年から10年間活動を休止していた。入院やリハビリを経て芸能界に復帰。昨年夏、相方の松本キックさんの視点も交えてその体験を赤裸々に綴った本『統合失調症がやってきた』を発行した。

 フォーラムでは松本ハウスの2人が漫才と講演を行い、統合失調症について分かりやすく伝える。また、弁護士の池原毅和さんが「そうだったのか!障害者権利条約と障害者差別解消法」と題して基調講演を行う。

 主催者によると、市内には知的障害者や精神障害者が生活するグループ施設が174カ所あるという。ただ、多摩区内では今春、精神障害者のグループホーム入居者の転居を巡って移転先周辺の住民が反対する運動を起こした経緯がある。障害者の人権侵害が社会問題として叫ばれて久しいが、まだまだ理解が進んでいないのが実態だ。

 同実行委員の三橋良子さんは「統合失調症は適切な支援が受けられれば、社会参加できる。ありのままを知ってもらい、市民の理解を深めたい」と話している。

 会場は多摩市民館大ホール。午後1時開場、1時30分開演。チケットは500円。定員は900人。

 チケットの申し込み・問い合わせはNPO法人たま・あさお精神保健福祉をすすめる会の三橋さん(【電話】044・281・6641)。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

学生バンドオーディション

【Web限定記事】

学生バンドオーディション 文化

参加者募集 最優秀はCDデビュー

8月12日号

修復完了作品 初上映へ

【Web限定記事】

修復完了作品 初上映へ 文化

9月2日 多摩市民館で

8月12日号

「教室シェア」意見募集

【Web限定記事】川崎市教委

「教室シェア」意見募集 社会

年内実施へ向け

8月12日号

撮影裏話と思いを明かす

撮影裏話と思いを明かす 文化

「ゆめパ」映画監督が登壇

8月12日号

英国ドラマと紅茶の入れ方

英国ドラマと紅茶の入れ方 文化

9月リリオスで講座

8月12日号

市民団体とコラボ

希望のシナリオ

市民団体とコラボ 社会

「地域の相談窓口」開催

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ競技「ボッチャ」を体験

パラ競技「ボッチャ」を体験

岡上こども文化センター

8月27日~8月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook