麻生区版 掲載号:2015年4月17日号
  • googleplus
  • LINE

全国大会でブロック優勝を果たした、柿生フィリーズの監督を務める 佐能 俊秀さん 上麻生在住 46歳

ひたむきな子によい環境を

 ○…県代表としてミニバスケットボール全国大会に初出場し、ブロック優勝を決めた。「予選から強豪チームと当たり、長く厳しい戦いになったが、優勝できてほっとしている」と話す。柿生地区を中心に活動し、女子チーム「フィリーズ」と男子チーム「レッズ」の小学生約70人を束ねる。「小さくてもいいので、乗り越えられる目標を立て、子どもたちはそれに向かって頑張っている」

 〇…約20年前、柿生小の教諭を務めていた時に、子どもと過ごす時間があまりに好きで「放課後も子どもと一緒にいたい」と、ミニバスケットボールチームを創設した。バスケを選んだのは、男子も女子も楽しみやすい競技だから。未経験者だったが、あらゆる本を読み、ビデオを観て、様々な指導者の話を聞くなど研究を重ねた。激しいディフェンスとシュートを確実に決める戦術をつくりあげ、以後、関東大会に5回出場するなど、強豪チームに育て上げた。

 〇…現在は宮前区の稗原(ひえばら)小で教鞭をとる。「子どもの成長は1年間でも目に見えてわかって楽しい。大人にはない、純粋さやひたむきさがある」と語る。特にバスケを通して、子どもたちの嬉しい顔、悔しい顔ととことん向き合ってきた。それゆえ、チームを卒業した子どもたちが大人になってもしばしばチームを訪れるというほど、築いてきた信頼関係は強い。「OB・OGとの関係性は彼らが子どもだった頃と変わらないんです」と微笑む。

 〇…「試合ではきつい場面、乗り越えなければならない山場がいくつもある」と、練習中は厳しい表情を見せる。よい環境があれば、まっすぐひたむきに頑張れるという信念のもと、緊張感のある雰囲気づくりを重んじる。「子どもたちには、長くバスケを続けてほしい。また全国優勝を味わいたいし、ずっと県大会に出場し続けられるような強いチームにしていきたい」と熱く語った。

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版の人物風土記最新6件

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

俵(たわら) 隆典さん

「百合ヶ丘こども食堂」を運営するNPO法人アイゼンなどで活動する

俵(たわら) 隆典さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

元木 要介さん

「元木イチゴ農園」園主として区内で唯一のイチゴ狩りを行っている

元木 要介さん

1月26日号

岩田 輝夫さん

15周年を迎えた麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

岩田 輝夫さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第118回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(4)石造物〜お地蔵さま 後編

    2月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク