町田版 掲載号:2017年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

来年の箱根駅伝シード権を獲得した駅伝部を率いる 坪田 智夫さん 法政大学陸上競技部 駅伝監督 39歳

”悔しさをバネに”後世に伝え

 ○…大手町のゴールに10区・東福龍太郎選手が8番目に到着した瞬間、監督車の車内でマネジャー、2日間を共にした運転手、審判たちと思い切り喜び合った。「ずっとシード権内で踏ん張ってくれていたので、何としても取らせてあげたかった」と当時のようにホッとした表情で話す。今回の結果を「4年生の頑張りに尽きる。主要区間を走り、また外れたメンバーも腐ることなく最後までサポートしてくれた」と分析する。

 ○…出身は神戸。少年時代、運動オンチで球技が得意ではなかったが、足だけは速かった。中学では「友だちが入るなら」と軽い気持ちで陸上部に入部。レベルの高い兵庫県において、中・高とも「ぬる〜い環境。いかに先生の目を盗んでサボるかを皆と考えていましたね。それが今や仕事になるとは」と懐かしむ。無名に近い県立高校から法政大学に入学し、エースとしての箱根駅伝2区「区間賞」や、実業団コニカミノルタのニューイヤーマラソン3連覇の原動力となる活躍、1万m日本代表としてのパリ世界陸上出場など、輝かしい経歴の数々はすべて、悔しさがバネになっている。

 ○…インターハイまであと1歩の4位で終わったこと、初の箱根駅伝、山登りでボロボロになったことや、シード権落ち、予選落ち。そして実業団時代の長期故障―。自身が経験してきたからこそ選手たちに言えることがある。『目標をしっかり定めて、やり切れば達成できる』。「何年かかるか分からないが”優勝”は目標にしていたい。出られるチームにはなった。後は出続けること、シード権を取り続けられるよう一歩一歩進めていきたい」と力を込める。

 ○…家に帰れば1歳半の息子さんとじゃれあう一児の父。実業団時代に一緒だった元陸上選手の奥さんは良き理解者で、公私ともに支えてくれている。「息子への周りからの期待はすごいですね。ちょっとかわいそうなくらい。大成してくれればいいな」と目を細めた。

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

地域教育サポーター入門講座

2月27日~3月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク