町田版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

金井在住の小林さん 受賞デザインがノートに 初挑戦でチャンスつかむ

教育

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
受賞作の原画を手に笑顔を見せる小林さん
受賞作の原画を手に笑顔を見せる小林さん

 世界中の若いデザイナーや芸術家の卵の作品を商品化するプロジェクト、EggnWorks(エッグンワークス)((株)タグステイショナリー主催)。6月30日に発表された受賞作に、市内金井在住の小林ひなさん(20)の作品が選ばれた。9月にはノートのカバーデザインとして製品化される予定だ。

 結果発表の瞬間、小林さんは友人といた。心を落ち着けてから公式ホームページを開くと、受賞作6作品の中に自分のデザインがあった。「やったぜ」。小さく拳を握り、友人と喜びを分かち合った。両親、祖父母、弟と暮らす家に帰ると食卓には寿司が。受賞を知った家族がサプライズで用意したものだった。

 小さいころから絵を描くことが好きだった。指導を受けたり、専門の勉強をしたことはないが趣味や遊びとして続けてきた。高校を卒業しカナダの大学へ留学していたが、コロナの影響で帰国。自粛期間中に「何かやることを探そう」と思い、偶然見つけた絵のコンペに初めて応募した。

将来の目標は広告デザイン

 作品タイトルは「ずっとそばに Always beside me」。長い間ずっと大切に使ってほしいとの想いを込め、季節の始まりから終わりまでを繊細さをイメージして細かい線で描いた。構想に一週間、試作なしの一発勝負でキャンパスに向かった。子どものころから愛用するお気に入りの色鉛筆で10時間ぐらいかけ、これ以上できないほど集中して描き上げた。いつもは評価の厳しい父が褒めてくれた。

 ずっと自分に自信が持てなかった。日本を飛び出して海外に留学を決めたのも、自身を成長させるため。落ち込むようなことがあったとき、納得できる絵を描くことで自信を取り戻すことができた。自分を救ってくれる絵で結果をつかんだことも大きな喜び。「大げさだけれど、絵は自分にとって生きがいだから」

 作品は高級感のある糸がかり製本ノートの表紙カバーになり商品化される。「いろいろな人の目に触れ、手に取ってもらえるだけで嬉しい」。アイコン用に友だちの似顔絵を描くこともあり、今はデジタルを使った作品づくりにも挑戦中。目的を持って描く方が自分に合っているから、将来は広告デザインなどの仕事をしたいと夢見ている。

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6

国の重要無形文化財に

南町田在住井上さん

国の重要無形文化財に 教育

能楽師として保持者認定

8月13日号

公認キャラを投票で

金森図書館

公認キャラを投票で 文化

開館20周年を盛り上げる

8月13日号

3年生だけで有終の美

町田ボーイズ

3年生だけで有終の美 スポーツ

「成長過程の思い出に」

8月6日号

1学期の頑張りを共に労う

専門家に聞く

1学期の頑張りを共に労う 教育

コロナ禍に迎えた夏休み

8月6日号

ステッカーでエコ啓発

町田市

ステッカーでエコ啓発 社会

環境に優しい運転の証

7月30日号

被爆体験語り継ぎ

生涯学習センター

被爆体験語り継ぎ 社会

戦後75年を迎え

7月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク