大和版 掲載号:2022年6月3日号 エリアトップへ

徒然想 連載291 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2022年6月3日号

  • LINE
  • hatena

 今月は多くの財産、黄金、食物のある人が自分一人で美食を追求するなら、それは破滅への門である、です。

 出典はインド、原始経典『スッタニパータ』。意は人を破滅させる悪徳を並べる一節の中の一つです。他の悪徳とは、例えば、怠けて寝てばかりいる、嘘をついて人をだます、財産や家柄をいたずらに誇って他人を軽蔑する、深酒やかけ事に溺れる等々で、なるほどと理解できます。

 実はもう一つ「豊かに暮らしているのに、年老いた両親を養わない」ことも破滅への門として挙げられます。

 家族間の人間関係が背景にあります。インドの家庭は昔から大家族が多く、一つの家に兄弟や従兄弟等の家族が共に暮らしました。それだけに人間関係には非常に気を遣います。それぞれの立場に応じた敬意を払う。同時に全員が他の家族の立場と心情を思いやる深い愛情も大事で、敬意と愛情が一つに溶け合う生活でしたが、時代の流れとともに生活様式が急激に変わり、人間関係もまた大きく変わりました。

 しかし、決して人を思いやる心を忘れることがないように心掛けたいものです。

   桃蹊庵主 合掌

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載292

徒然想 連載292

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月1日号

徒然想  連載291

徒然想 連載291

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月3日号

徒然想  連載290

徒然想 連載290

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月29日号

徒然想  連載289

徒然想 連載289

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月1日号

徒然想  連載288

徒然想 連載288

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月4日号

徒然想  連載287

徒然想 連載287

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月4日号

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook