厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

吹夢Z 全国に響いたハーモニカ 国内最大大会で初優勝

文化

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
公民館で和やかに練習が続く
公民館で和やかに練習が続く

 東京都千代田区で6月9日に開催された、国内最大級のハーモニカの大会「第38回F.I.H.ハーモニカコンテスト」で、市内で活動するグループ吹夢Z(すいむず)(藤原尊子代表)がアンサンブル・大編成部門で初優勝を果たした。

 世界ハーモニカ連盟日本支部(F.I.H.ジャパン)が主催する大会。テープ審査を経て、決勝ライブコンサートに挑んだ。同グループは10年前から応募を続け、一昨年初めて決勝ライブに出場するも入賞できず、昨年は3位。今年「星条旗よ 永遠なれ」を演奏し、念願の初優勝となった。「緊張もしたが、共に喜びあえる経験ができて良かった」などとメンバーは当日を振り返る。

日々の活力に

 同グループは12人から成り、複音ハーモニカ・バリトンハーモニカ・バスハーモニカ・コードハーモニカの4種で音色を奏でる。メンバーは50代から80代で平均年齢は70代半ば。「みんなで気持ちを揃えて吹くのが良い。歳をとっている暇がないよ」と笑い、若手も「元気の秘訣を教わっている」と尊敬し合う仲だ。

 全国大会での優勝経験を持つハーモニカグループ「厚木チェリーズ」のリーダーを務める渡辺令子(りょうこ)さんに月2回師事。週に2回、南毛利公民館を中心に、自主練習に励んでいる。地域の住民が中心だが、横浜市から毎回通う人もいる。地域の祭りや老人ホームでの慰問演奏のほか、今年の4月には岩手県釜石市と大槌町にも足を運んでいる。

いくつになっても目標と夢を

 「年齢に関係なく、目標を持ち、夢を持てる」と、ハーモニカと吹夢Zの魅力を語る面々。「来年もまた優勝する」と力強く目標を掲げ、練習に励む。

 なお代表の藤原さんは、複音ハーモニカ・ソロ部門で「ロシア民謡メドレー」を演奏し3位に、アンサンブル・小編成部門に野村久美子さん(妻田北)とデュオで出場し「アルルの女 第2組曲」を演奏、同じく3位に入賞している。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新人 今鉾氏が出馬表明

愛川町長選

新人 今鉾氏が出馬表明 政治

「町民の生命財産守る」

5月27日号

持続可能な町づくり推進

厚木市

持続可能な町づくり推進 社会

ガス2社と協定締結

5月27日号

新人 小島氏が出馬表明

愛川町長選

新人 小島氏が出馬表明 政治

環境、交通、教育に注力

5月20日号

厚商に放送機材寄贈

厚木中RC

厚商に放送機材寄贈 社会

オンライン配信を充実

5月20日号

田中選手に市民功労表彰

厚木市

田中選手に市民功労表彰 スポーツ

北京パラスキーで4位入賞

5月13日号

データサイエンスで勝つ

データサイエンスで勝つ スポーツ

厚高野球部、寄付金で新機材

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook