厚木版 掲載号:2018年8月10日号
  • LINE
  • hatena

8月11日の「かながわ山の日」イベントを主催する 松隈(まつくま) 豊さん 神奈川県山岳連盟理事長 73歳

「山の魅力を伝えたい」

 ○…「森がある。そよ風が吹いてくる。風に当たると風景が浮かび、感じることがある。それが山の魅力かな。みなさんにもぜひ感じてもらいたい」。今年で3回目を迎える山の日にちなんだ主催イベント。今年は安全祈願も兼ねて、大山で開催する。愛好家はもちろん、普段は山に縁がない人にも、「魅力を伝えたい」と意気込む。「関東と言えば大山。いろいろなコースがあるから、楽しんでもらいたいね」

 ○…初めての登山は18歳。秦野山岳会が主催する登山に参加し、丹沢に登った。「二ノ塔で見た、裾まで見える富士山の美しさに感動した」と、すぐさま山の虜になった。それからは、国内外で数えきれないほどの山に登ってきた。今でも年間で20〜25日は山にいる。最近では、自然保護活動として清掃や植樹活動も行っている。

 ○…大阪府生まれ。父の仕事の関係で、高校時代に秦野市へ転居。大学卒業後は、定年までハードウェアの開発に携わった。現在は日本山岳・スポーツクライミング協会の事務局に籍を置く。約2千人の会員がいる県山岳連盟では、副理事長を5年務め、理事長として3年目を迎える。連盟では、登山を楽しむイベントのほか、安全をテーマにした講習、研修会を通して事故防止に努める。

 ○…近年の山ブームを歓迎する一方で「ネットを見ただけで、山を知った気になる人が多くて危険」と警鐘を鳴らす。山での事故が多く報道されるなか、自身が事故に合っていないのは「危ないところや力量を超えた山には一人で行かない。危ないと思ったら引き返すから」ときっぱり。それが山を長く楽しむ秘訣だ。それでも「多くの人が山に登るのは嬉しいこと」とにっこり。「もっと山の魅力を伝えて、仲間を増やしたいね」。秦野市在住。

厚木版の人物風土記最新6件

齋藤 峯代さん

市内女性初となるスポーツ推進委員功労者表彰を受けた

齋藤 峯代さん

12月14日号

伊吾田 弘さん

厚木市障害者福祉事業所連絡会の会長として尽力する

伊吾田 弘さん

12月7日号

川田 善久さん

ICT機器を活用し、模範となる優れた授業を実践して表彰された

川田 善久さん

11月30日号

中尾 賢治さん

「ふるさと絵画コンクール」事業を発案した

中尾 賢治さん

11月23日号

三浦 竜さん

ユリの魅力を伝える「2019リリーアンバサダー」に認定された

三浦 竜さん

11月16日号

小松 克生(かつお)さん

武部鉄工所労働組合の執行委員長を務める

小松 克生(かつお)さん

11月9日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康フェアへ行こう

健康フェアへ行こう

亀田森の里病院

12月16日~12月16日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク