三浦版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

ふるさと納税 7億9千万円で最多更新 コロナ被害支援も一因

経済

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 三浦市に寄せられた2020年度のふるさと納税の寄付額が、過去最多の7億9001万2千円(総務省発表)に上った。前年度比1億6117万1千円増で、県内市町村別で見ると南足柄、鎌倉、厚木などに続いて7番目に多かった。制度の認知度が年々高まっているのに加え、充実する返礼品や新型コロナ対策・災害からの復旧復興支援を目的とした寄付も多く、全国的にも増加傾向にあるという。

 地方税法等の改正によって2008年5月から始まったふるさと納税制度。三浦市も同年から受け付けを開始し、寄付金額は年々増加している。全国的に制度の認知度が高まり、自治体が返礼品の充実・差別化に力を入れるようになると、市は14年度に初めて1億円を突破。18年度には2億円超えた。このほど発表された昨年度の総額は、過去最高のおよそ6億3900万円が寄せられた19年度を大きく上回り、約7億9千万円となった。

 市では、ホームページでPRするほか、大手ポータルサイトに登録し、利便性を向上。また、返礼品は特産のまぐろや野菜の詰め合わせ、農水産加工品、遊漁船乗船券や観光体験プログラムなどを用意。寄付を支える200以上の商品には、まぐろの解体ショーといった変わり種も取り揃えている。

 また、昨年度はコロナ禍の巣ごもり消費増加が、寄付件数・金額ともに押し上げた。ポータルサイトによっては、「コロナ被害支援」などと銘打ち、新型コロナウイルスの感染拡大で経営に大きな打撃を受けている生産者や事業者を応援する動きも見られ、寄付先を決める選択肢の1つになっている。

トイレ洋式化へ

 子育てや教育環境の充実など、使途を子どもに限定した市のふるさと納税「みうらっ子応援プロジェクト」では、昨年度に続いてトイレの洋式化に向けて寄付を募っている。

 洋式便器充足率の低い市立小中学校から順次整備し、快適な学校生活の確保をめざすもので、目標額3千万円に対し、2893万3千円(7月31日現在)が集まっているという。

三浦版のトップニュース最新6

3年ぶりに開催へ

三浦国際市民マラソン

3年ぶりに開催へ スポーツ

種目限定で3密対策徹底

10月22日号

抗体カクテル療法導入

三浦市立病院

抗体カクテル療法導入 社会

専用病床確保で体制整備

10月22日号

「男女共同参画」知って

三浦市

「男女共同参画」知って 社会

認知度の低さ課題に

10月8日号

散歩しながら地域防犯

三崎署

散歩しながら地域防犯 コミュニティ社会

愛犬家にパトロール隊任命

10月8日号

グランピング施設を提案

三浦地所

グランピング施設を提案 社会

城山地区利活用の事業契約へ

9月24日号

“ちょい乗り”で周遊促進

“ちょい乗り”で周遊促進 社会

電動キックボードをレンタル

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook