逗子・葉山版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

衆議院4区 既成政党の4人が出馬へ みん・自・民・共が候補者擁立

政治

 衆議院選挙(12月4日公示―同16日投開票)に向けて、神奈川4区(逗子市・葉山町・鎌倉市・横浜市栄区)では、みんな、自民、民主、共産の各党が擁立した計4人が立候補する見通しとなっている(11月28日現在)。

 4区から立候補の意向を表明しているのは、前職でみんなの党政策調査会長の浅尾慶一郎氏(48)と自民党4区支部長で元職の山本朋広氏(37)、民主党からは前横浜市議の荻原隆宏氏(42)。共産党からは新人の加藤勝広氏(68)が立候補を表明している。

 参院議員2期目だった浅尾氏は、前回衆院選に民主党を離党して初挑戦。小選挙区では苦杯を喫したものの比例区で復活し、衆院選初当選を果たした。参院時代から4区で精力的に活動、選挙区での知名度を武器に選挙戦に臨む。

 自民党の山本氏は、「小泉旋風」が吹いた05年選挙に地元の京都府2区で出馬、比例区(近畿ブロック)で初当選。09年の政権交代選挙で落選、11年1月に神奈川4区支部長に就任している。4区では初めての選挙戦となる。

 民主党の荻原氏は、衆院議員秘書や会社員を経て、07年の横浜市議選で同市西区から出馬、初当選。2期目の任期途中で議員辞職しての国政選挙初挑戦となる。

 共産党新人の加藤氏は(株)長崎屋・日本電信電話公社鎌倉報話局・NTT東日本神奈川支店などの勤務を経て、現在、同党西南地区栄区委員会副委員長を務めている。4区から衆議院の議席確保を狙う。

長島氏、政界引退へ

 長島一由前衆議院議員は21日、記者会見を開き、次期衆院選には出馬しないことを正式発表した。民主党にはすでに離党届を提出済みで、引退後は民間のシンクタンクに就職するという。

 長島氏は任期を振り返って、逗子市長時代から特区として申請していた年金時効の延長のほか、震災復興への注力などを実績としてあげ、今後については「(衆議として)一定の使命は果たした。今後は民間で力を尽くしたい」と述べた。
 

浅尾 慶一郎氏
浅尾 慶一郎氏
山本 朋広氏
山本 朋広氏
荻原 隆宏氏
荻原 隆宏氏
加藤 勝広氏
加藤 勝広氏

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

開設スケジュール見直し

総合病院誘致

開設スケジュール見直し

4月20日号

「生演奏の迫力感じて」

「ふれあいパス」で外出促進

有料席販売がスタート

逗子海岸花火大会

有料席販売がスタート

4月6日号

財政難で開催ピンチ

逗子花火大会

財政難で開催ピンチ

3月23日号

給食センターの計画凍結

葉山町

給食センターの計画凍結

3月23日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク