逗子・葉山版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

逗子海岸と東大がコラボ プラスチックの採集方法確立へ

社会

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
砂をふるいにかけて、プラスチックを探す(上)、その後、新宿会館で講義
砂をふるいにかけて、プラスチックを探す(上)、その後、新宿会館で講義

 逗子市観光協会などが主催する逗子海岸保全活用事業「ワッショイ!逗子海岸」の一環で今月1日、「みんなで探してみよう!海のマイクロプラスチック-東京大学の先生と一緒にやる実験体験」が開催された。

 プラスチックの海洋汚染に世界的な関心が高まるなか、市民に環境への意識を高めてもらうのと同時に、東京大学生産技術研究所のOMNI(オーシャン・モニタリング・ネットワーク・イニシアチブ)のプロジェクトの一環として、マイクロプラスチックや海水温など、海洋情報を集める手法を確立する目的で行われた。

 当日は市民や海岸事業者、逗子マリン連盟ら関係者約30人が参加。同連盟が毎月第1日曜日に開催しているビーチクリーンに参加した後、潮位にあわせて浜に囲いを4カ所作り、深さ4cmまでの砂をふるいにかけてプラスチックを集めた。

 その後、新宿会館で同研究所メンバーがマイクロプラスチックにまつわる現状のほか、人体や地球環境に与える影響に関する最新の研究事例を紹介した。

 エクスペリエンスデザイナーとしてプロジェクトに参画している左右田智美さんは、世界中で研究が進んでいるなか、その基礎となるデータを集めるのに膨大なお金と労力がかかっている状況に触れ、「皆さんにやってもらったような方法を全国で定期的に行えば、安価に広範囲でデータを集めることができる」と意義を強調。「一般の方を交えた初めての企画で、課題や改善点がたくさん見えた。”誰でも簡単にできる手法”を目指してブラッシュアップしていきたい」と語った。

 研究者の木下晴之さんは「実験や観測をやろうと思っても、その場所を探すのがとても大変。逗子海岸で皆さんの協力をいただきながら実施できるのはとてもありがたい」と話していた。当日採取したサンプルは解析され、結果を共有していくという。

 親子で参加した市内在住10歳の女の子は「普段歩いたら、埋もれて気づかないプラスチックのことを知ることができた」と語り、企画に携わった逗子マリン連盟の小林太樹さんは「プラごみのデータを収集する方法が逗子から広まったら。地域の方たち参加していただきながら、今後も協力していきたい」と今後の活動に期待を込めた。

葉山つつじカードが届きます!

6月1日から取り扱い店舗で使えます

https://hayama.yomsubi.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

町の歴史 発掘し伝え20年

町の歴史 発掘し伝え20年 文化

葉山郷土史研究会が記念号

5月14日号

一人で悩まず相談を

一人で悩まず相談を 文化

保健所が女性向け相談会

5月14日号

「珍しい皆既月食を見よう」

「珍しい皆既月食を見よう」 文化

かわいさんが観察会

5月14日号

安心安全に登山楽しんで

安心安全に登山楽しんで 社会

葉山・山楽会がガイドブック更新

5月14日号

埋もれた素材をバッグに

埋もれた素材をバッグに 経済

葉山町在住 佐野さん

5月14日号

「応援サポーター」に中澤さん

不動産会社ウスイグループ

「応援サポーター」に中澤さん 社会

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter