逗子・葉山版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

地域活動の新たな担い手 20代の若者たちが団体立ち上げ

コミュニティ社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
発起人の井ノ上さん(左から2人目)とメンバーたち
発起人の井ノ上さん(左から2人目)とメンバーたち

 逗子にゆかりある20代の若者たちが地域活動団体「逗子20,S」(ずしにじゅうず)を立ち上げた。9月19日には初めての集まりがあり、逗子海岸でビーチクリーンをしながら、今後について議論を深めた。発起人で代表を務める井ノ上誠也さん(21)は「大学生や社会人になりたての人も街への思いを実現できる場なので、気軽に参加して欲しい」と話している。

 井ノ上さんはもともと、逗子葉山の中高生からなる防災グループ「3・11つなぐっぺし」のメンバーで、被災地支援活動を行ってきた。2019年12月には逗子をよくするアイデアを発表しあい、応援する「ズヨコン×ヌマコン」も主催。しかし大学生になると、「同年代が活躍できる場が少ない。それなら作ろうと思ったのがきっかけでした」

 SNSで募集したところ、予想を上回る15人が集まった。「何かしたいと思っている人は沢山いることを実感した」。メンバーたちと「環境」「観光」「防災」を柱に活動していくことを確認。今後、興味のあるテーマごとにチームを組み、企画に取り組んでいくという。問い合わせは井ノ上さん【携帯電話】090・2557・6416

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook