藤沢版 掲載号:2017年7月7日号
  • googleplus
  • LINE

湘南はまぐりながらみ 辻堂に直売所がオープン 水産業の振興に期待

社会

水槽の前で「湘南はまぐり」を手にする葉山組合長
水槽の前で「湘南はまぐり」を手にする葉山組合長
 鵠沼から辻堂の海岸で育った「湘南はまぐり」と「湘南ながらみ」の直売所が7月8日(土)、辻堂東海岸にオープンする。地元住民が地場の貝を気軽に購入できるほか、観光客向けの土産販売も期待でき、地産地消や水産業の振興につながりそうだ。

 「湘南はまぐり」は、藤沢市漁業協同組合が2001年度から毎年稚貝を放流し、生育しているもの。今年その品質が評価され、県が認定する「かながわブランド」、全国漁業協同組合連合会が選定する「プライドフィッシュ」に選ばれた。身は肉厚で7cm以上の大きなサイズが特徴だという。「湘南ながらみ」は巻貝の一種で、縄文時代からこの地で食されていたといわれる珍味。4月に「ふじさわ特産品」に認められた。

 これまでも漁獲、販売を行っていたが、天候による不漁や、夏場の保存がきかないなど、安定した販売供給につながっていなかった。

そこで今回、直売所には、バクテリアで水質を濾過する装置と水温を13から15℃に管理できる生け簀を導入。これにより鮮度を10日ほど保つことができ、新鮮なハマグリの販売が1年を通して可能になる。ナガラミは、生け簀でも保存が難しいため、採りたてを塩茹でして販売するという。

 同組合の葉山一郎組合長は「この辺りは良質な砂地と餌が豊富で、おいしいハマグリが育つ。ナガラミにとっても良い環境。たくさんの人に味わってほしい」と期待を寄せた。

 直売所は国道134号線の浜見山交番前交差点近く。8日は午前9時30分から販売開始。その後は毎週火・木・土・日曜日の10時から午後3時。県内の海産物や地元野菜なども販売する。

 問い合わせは同組合【電話】0466・36・8220へ。

藤沢版のトップニュース最新6件

市民病院 整備工事が完了

2年連続で東日本へ

湘南学園中将棋部

2年連続で東日本へ

7月13日号

ふるさと納税7億“赤字”

藤沢市

ふるさと納税7億“赤字”

7月6日号

「CLIP」が優秀賞

日本文具大賞

「CLIP」が優秀賞

7月6日号

中学部活動 週休2日に

藤ヶ岡中46年ぶり優勝

県中学バレー選手権

藤ヶ岡中46年ぶり優勝

6月29日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

”独創”の陶磁器150点展示

”独創”の陶磁器150点展示

あすから湘南西脇画廊で

7月7日~7月29日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク