大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

大磯出身蒔田さん 「王国」ブラジルで夢追う 中学卒業後にサッカー留学

スポーツ

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena
ブラジル留学中の蒔田さん(一さん提供)
ブラジル留学中の蒔田さん(一さん提供)

 大磯町生沢出身の蒔田泰広さん(17歳)が昨年11月、ブラジルの名門サッカークラブ「コリンチャンス」の入団テストに合格した。FIFAの規約により、外国籍選手は18歳になるまでプロ契約を結ぶことができないため、育成クラブの一員としてトレーニングに参加。将来は日本代表入りと欧州5大リーグへの挑戦を夢見る。

 蒔田さんは国府中学校を卒業した2014年6月にブラジルに渡り、サンパウロ州の学校に入って学業とサッカーを両立している。「生活面の苦労は特にありません。初対面の自分に対しても、周囲が友達のように接してくれてとても助かりました」という。

 しかしサッカーのプレースタイルでは、日本とブラジルで大きな差を感じた。「ブラジル人は強くてうまい。日本人とは(ボールを)取りに来るタイミングなどが違うし、モチベーションもすごく高いものを持っています。強さがないと厳しい世界ですが、自分のプレーだけは曲げませんでした」

足技「まるでサーカス」

 小学生のころからサッカーを始めた蒔田さんは、中学生になると「ヘラクレス大磯ジュニアユース」に入団し、非凡なサッカーセンスの片りんを見せ始めた

 蒔田さんの印象について、ヘラクレス大磯代表の小林哲也さんは「攻めるけど守備の意識が低く切り替えが遅い、いわゆる『だめ』な選手でした」と振り返る。

 しかし、ドリブル技術の高さには目を見張るものがあった。蒔田さんのプレーを見た相手チームの監督から『サーカスのよう』と驚かれるなど、「とにかく、ボールと遊ぶという言葉がぴったり。練習後もコートに残り、ずっとボールに触っていましたから」と小林さんは話す。

コリンチャンス入団テスト合格

 蒔田さんは中学2年生になると、憧れの選手というネイマールを生んだブラジルでのプレーを望むようになった。父親の一さんは「ヤス(蒔田さん)は『中途半端は嫌だ』と意思を固めているようでした。もちろん心配はありましたが、決断するのは本人」と、息子の留学を認めたという。

 2015年、蒔田さんはブラジル屈指の名門クラブ「コリンチャンス」の入団テストに臨み、6週間近いセレクションを通過した。一さんは「まさかそこまで行くなんて、奇跡だと思った」。小林さんも「世界トップレベルのチームに評価されたことは本当に嬉しい。ヤスの『ヘラクレスのドリブルはブラジルでも通用する』というメッセージは、後輩たちの励みにもなっています」と喜ぶ。

東京五輪

 蒔田さんはブラジルで経験を積み、将来はスペインやドイツ、イタリアなど、欧州5大リーグのクラブ入りを夢見ている。21歳で迎える東京五輪については「もちろん意識しています。日本代表に入るため、そこから逆算して日々の練習に取り組みたい」と、日の丸を背負う将来の姿を見据えている。

 遠く離れたブラジルの地で送るサッカー生活。蒔田さんを支えるのは、日本から活躍を願う家族や仲間、在籍したチームの指導者という。「みんなにお世話になって今の自分があると思っています。将来ビッグになって、絶対に恩返しします」とメッセージを寄せた。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

光と祈りで節目を祝う

光と祈りで節目を祝う 社会

澤田美喜 生誕120年記念

9月24日号

吾妻山公園へ送迎実験

二宮町

吾妻山公園へ送迎実験 社会

高齢者などの移動手段検討

9月24日号

傘寿の軌跡 動画自叙伝に

傘寿の軌跡 動画自叙伝に 社会

二宮町の松岡紀雄さん公開

9月17日号

死亡事故ゼロ 過去最長

大磯警察署

死亡事故ゼロ 過去最長 社会

管内で連続1000日超

9月17日号

御神木の売札所あらたか

川勾神社

御神木の売札所あらたか 社会

台風で倒れた400年杉生かす

9月10日号

授業をライブ配信へ

大磯町立学校

授業をライブ配信へ 教育

コロナ下 欠席児童の学習保障

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook