足柄版 掲載号:2019年1月19日号 エリアトップへ

立花学園高等学校演劇部顧問を務める 黒沼 壮太さん 立花学園高校教諭 28歳

掲載号:2019年1月19日号

  • LINE
  • hatena

部活は楽しく、主役は生徒

 ○…立花学園高等学校演劇部冬季単独公演が14日に南足柄市文化会館で高校演劇のテッパン演目「リトル・スノードロップ」を披露した。ひと月の集中稽古の成果は瑞々しさと力強さに溢れた舞台だった。1・2年生8人が音響と演技、演出兼照明は顧問が担当した。同校演劇部が同好会から部に昇格して6年。部になった年に副顧問、現在顧問を務めている。次回公演は台本を顧問自らが創作し、3月に行う。

 ○…単独公演は年に2回行い、10月には県西相地区大会がある。昨年度は地区大会で最優秀賞、県大会で優秀賞を獲得した。また松田警察や県教委と連携して防犯劇など地域奉仕活動も。日頃の練習は平日3時間半、休日8時間と体育会系ばり。生徒の日常にメリハリを、と部活動は週5日と決めている。

 ○…1990年町田市生まれ。都立立川高校、学習院大学理学部を卒業し、立花学園高校の教師になり今年で6年目。「本当は医者になりたかったが諦めた。「人生初の挫折だった。ドクターも教師もセンセイだから」とそっと言う。指導教科は数学で、特進、進学コースを担当している。顧問としてのポリシーは「生徒が主役」、「部活は楽しく。結果よりプロセスが大事」で、「立花の演劇部は仲良く楽しそう」と言われるのが嬉しいとか。

 ○…高校時代に演劇を始め、大学時代はミュージカルから時代劇と幅広く活動した。尊敬する役者は同い年の三浦春馬さん。「ベテランを前に堂々と演技するところが凄い」ときっぱり言った。趣味も演劇鑑賞。「劇団四季のアラジンはいいですよ」と話題は演劇色濃厚。愛読書は演劇の台本と数学の研究教材。実は昨年夏、同業の女性と結婚したばかり。奥さんとの晩酌を日々楽しんでいる。相模原市在住。

足柄版の人物風土記最新6

山本 茂富さん

画家兼バッジ製作者として活動する

山本 茂富さん

二宮町在住 62歳

6月19日号

児玉 洋一さん

神奈川県町村議会議長会の会長に就任した

児玉 洋一さん

山北町在住 47歳

6月12日号

葛西 宣則(かっさい よしのり)さん

自衛隊の経験を生かし、開成町防災安全専門員として励む

葛西 宣則(かっさい よしのり)さん

開成町在住 61歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として中心的な役割を務める

佐藤 静さん

山北町在住 39歳

5月29日号

湯川 仁士(まさし)さん

パステル画と詩で自然の姿を表現する

湯川 仁士(まさし)さん

山北町在住 68歳

5月22日号

阿部 玲子さん

保護司として長年更生活動に努め、このほど藍綬褒章を受章した

阿部 玲子さん

開成町在住 75歳

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter