秦野版 掲載号:2015年1月1日号
  • LINE
  • hatena

秦野コメッツ出身友永選手 「1」背負い子ども達に夢を ドラゴンズでプロの舞台へ

スポーツ

「ポジティブさが自分の長所」と話す友永選手
「ポジティブさが自分の長所」と話す友永選手

 「打率3割、30盗塁」。2014年10月に行われたプロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズから3位指名を受けた後、友永翔太選手(23・日本通運(株))が掲げた目標だ。秦野コメッツで野球を始めた少年は、安打と俊足が持ち味の選手に成長。今年、背番号「1」を背負い、プロの世界へ足を踏み入れる。

 友永選手は右投・左打の外野手。身長は170cmで野球選手としては小柄だが、勝負強い打撃と50m5・8秒の俊足が持ち味で、守備範囲の広さも評価される。

 社会人野球2年目の昨年は、4割1分8厘の高打率をマーク。社会人野球ベストナインに選出され、中日ドラゴンズから声がかかった。同球団が新人に背番号「1」を与えるのは福留孝介選手以来だという。

 野球を始めたのは、本町小3年生の時。「周りの子がやっているから」と秦野コメッツに入団した。友達と外で遊ぶのが大好きな少年にとって、はじめは野球も楽しい遊びの1つだった。

 しかし、試合で初めて「負ける悔しさ」を経験し、練習への姿勢が変わった。「チーム1のホームランバッターになる」とバットを振り続け、4年生で言葉通りチームのクリーンアップとして活躍するようになった。

 コメッツ卒団時の作文に書いた夢は「プロ野球選手になってセンターを守りたい」。それを叶えた今でも満足する試合はないという。「もっと良い結果があるのでは、と追求できることが野球の魅力の1つ」と語る。

 中学時代は秦野リトルシニアで投手や中堅手、遊撃手等チームの要として活躍。その後、強豪校の東海大相模高校に進学し、精鋭が集まる中、寝る間も惜しんで練習を続けた。「厳しい練習を乗り越えたから今の自分がある」と話す。

亡き創始者の夢叶える

 12月20日に商工会議所で開かれた祝賀会には、秦野コメッツや秦野リトルシニアの少年ら約70人とその保護者などが集まった。友永選手は子どもたちを前に「周りにすごい人がたくさんいても圧倒されたらダメ。『負けるものか』とひたむきに努力してもらいたい」と語りかけた。

 2014年9月に他界した秦野コメッツの創始者・榎本圭治さんは生前、「コメッツからプロ野球選手を輩出すること」を目標にしていたという。同チーム出身者初のプロ野球選手となった友永選手へ、関係者らは感謝の言葉を贈った。

 講演後、友永選手は「野球に身長は関係ないですよ。子どもたちが夢を持てるような選手になれるよう頑張らないと」と爽やかに言い切った。その笑顔には、心の強さが表れていた。
 

秦野コメッツ時代
秦野コメッツ時代
祝賀会で小さな後輩たちに囲まれて
祝賀会で小さな後輩たちに囲まれて

秦野版のトップニュース最新6件

秦野勢初のベスト4に

少年野球部コメッツ

秦野勢初のベスト4に

12月14日号

創意くふう展で県知事賞

小児医療費助成を拡大へ

市内の危険バス停を公表

神奈川県警

市内の危険バス停を公表

12月7日号

「センター方式」を答申

中学校完全給食推進会議

「センター方式」を答申

11月30日号

再編・集約で9部50課に

秦野市

再編・集約で9部50課に

11月30日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク