町田版 掲載号:2017年3月16日号

まちだスポーツアワード2016で『ベストインパクト賞』を受賞した

松田 瑞江さん

金森在住 71歳

走り続けるアイアンウーマン

 ○…34歳でジョギングを始め、市内でのジョギング大会で優勝。4年後にはフルマラソンに初挑戦して3時間30分15秒の好タイムで優勝した。「当時は、レースに出れば好成績を収められて、それがうれしくて」。マラソンだけでなく、800mや1500mなどトラック競技でも好成績を残し、全国やアジア・世界大会に出場し続ける。「メダルは500個くらいまで数えたけど、もう数えていないわ」。自宅には金メダルがびっしりと飾られている。

 ○…大宮市生まれ、国立市育ち。「お転婆だったけど、普通の女の子だったわよ」と懐かしむ。高校生の時、陸上部に入るものの、子どもの頃に患った腎臓のため、1年で退部した。しかしその時の成績は都大会で800mで3位と実力を発揮。その大会で優勝した選手はその後オリンピックの控え選手となった。「あのとき、続けていれば」という気持ちはもちろんあるが、「でも続けていれば、この年になるまで走っていられないわ」とニッコリ。

 ○…子育てが一段落し、幼稚園の送り迎えでジョギングを始めた。子育てでは味わったことのない感覚に包まれた。それ以後レースに出れば表彰台に上がり、それが何よりうれしかった。「でも今はね、走れることがうれしいの」。ケガをしないようにストレッチは毎日欠かさない。

 ○…地域の大会から都大会、関東、全日本、アジア、世界へと舞台をステップアップし、毎週のようにレースに参加するようになる。家事、子育てを完璧にこなしていたが、毎週のように出かけると旦那さんから「もう帰ってくるな」と締め出されたことも。でも、その頑張りに押され旦那さんもフルマラソンを走り、今ではお子さん、お孫さんもランナーという3世代で陸上を楽しんでいる。3年前に膠原病の一種と診断され、体調を崩すが、「次のシーズンで年代別のアジア記録を更新したいの」。目標はまだまだ尽きない。

町田版の人物風土記最新6件

川添 多嘉吉さん

4月から町田市吟詠連盟の理事長への就任を予定している

川添 多嘉吉さん

3月23日号

名取 玲子さん

町田の郷土芸能をイラスト・キャラクター化した

名取 玲子さん

3月9日号

大田 隼輔さん

今季からサッカーJ2のFC町田ゼルビアに加入した

大田 隼輔さん

3月2日号

小泉 等さん

市内で活動するウクレレサークル「マウイブルーオーシャンズ」の講師を務める

小泉 等さん

2月16日号

吉田 博さん

小野路宿里山交流館のアートコンテストで最優秀賞を受賞した

吉田 博さん

2月9日号

坪田 智夫さん

来年の箱根駅伝シード権を獲得した駅伝部を率いる

坪田 智夫さん

2月2日号

関連記事(ベータ版)

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クレイクラフト体験

クレイクラフト体験

ギャラリーわおん♪で

4月3日~4月3日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/