緑区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

荒川家家臣の会 「殿様の屋敷跡を後世に」 小山町に記念碑完成

文化

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
完成した記念碑と家臣の会
完成した記念碑と家臣の会

 恩田川沿いの梨畑(小山町624)脇に16日、関ヶ原の戦い以前から譜代として徳川氏に仕えた直臣の武士・荒川長兵衛重世の屋敷(陣屋)があったことを示す「小山村殿様荒川氏陣屋跡記念碑」が完成した。

 関東一帯に勢力を持っていた小田原北条氏は天正18年(1590)、豊臣秀吉の大軍の前に降伏し、代わって関東に入ったのは徳川家康。家康は新領国の関東に入ると家臣団や直轄地をどう分布・配置するかという知行割を行った。

 記念碑には、徳川氏に仕えた直臣の武士・荒川長兵衛重世の屋敷が現在の小山町にあったことが記されている。

 記念碑建立については、屋敷跡は旧恩田川を掘にするような形で残っていたが、昭和38年から行われた河川改修工事により、跡地を東西に横断する形で分断されてしまった。「荒川家家臣の会」代表の落合清治さんらの高齢化もあり、「後世に小山の歴史を語り継ぎたい」という思いで、2年前から記念碑建立の計画を進めてきた。

 同記念碑を監修した郷土史研究家の相澤雅雄氏によると、武蔵国都筑郡小山村は天正19年(1591)、同国橘樹郡江ヶ崎村(現・鶴見区江ヶ崎町)とともに、譜代の旗本荒川長兵衛重世の知行地(年貢の徴収権を認めた土地)となり、荒川氏は小山村を本貫として両村を合わせて400石を支配したと伝えられている。また、小山町内にある保壽院は「新編武蔵風時稿」によると、重世の母追福のために文禄年中に創建したとされている。

 家臣の会は7人で構成されており、屋敷跡付近に居住。小山町の落合(宮の脇)・小松(鍛冶屋)・篠原(糸屋)・佐藤(高島)と新治町の荒井(酒屋)の先祖は、重世の生国である三河(愛知県)時代から荒川家に仕えてきた家来。重世とともに小山村に来住したと伝えられている。重世は元和6年(1620)5月8日に享年55歳で死去し、同寺に葬られた。

 同会代表の落合清治さんは、「子どもの頃から親から荒川氏陣屋の話は聞かされてきた。言葉で語り継ぐのは難しいが、これで後世に残せる」と笑顔を見せた。

 また、区の担当者によると記念碑は今後「緑区遺産」に登録される予定だという。

緑区版のトップニュース最新6

汽車ぽっぽ公園の桜咲く

長津田駅北口

汽車ぽっぽ公園の桜咲く 社会

まちづくり協議会が移植

4月2日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 社会

融資認定832件、31億円超

3月26日号

安全求める住民の声形に

中山2丁目

安全求める住民の声形に 社会

道路上にハンプなど設置

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

新横浜駅前 ラステル新横浜 

家族葬プラン 24時間ご安置・ご面会ができます 56万円税別~

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク