緑区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

【連載【2】】Withコロナ時代の先駆者たち 危機をチャンスに変える 加藤電機株式会社

経済

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
「フッくん」を使用してドアを開ける加藤社長
「フッくん」を使用してドアを開ける加藤社長

 コピー機やパソコン、携帯電話などに使用されているヒンジ(蝶番)に特化した専門メーカー加藤電機株式会社(十日市場町826の10)。同社の取引先は、大手メーカーがほとんどだ。

 だが、全世界に広がった”コロナショック”によって、同社の売上も減少した。加藤徹也社長は「コロナショックは今後長引く可能性が高い。だからこそ、製造業も変化しなくてはいけない。立ち止まるわけにはいかない」と語気を強めた。

 「何か、一般消費者向けに役に立てる物を作り出せないか」。4月中旬には、社員全員でアイデアを出し合っていた。

 プレス技術などを生かして作ったのは、電車のつり革などに直接手を触れないようにする製品「My Hand クリーナー フッくん」。「ウイルスへの感染を避けるため、『直接触れたくない』ニーズを満たす製品になった」と加藤社長は自信をのぞかせる。

 銅でできているので導電性があり、ATMやタッチパネルなどを押し操作することも可能だ。

社員同士の交流も深まる

 6月15日に発売。わずか2カ月でその日を迎えることにこぎつけた。

 加藤社長は「製品化への過程で良い効果もあった。例えば、部署を横断して意見を出し合うことで社員同士のコミュニケーションが多くなった。普段は事務をしているパートさんなども『こんな商品あったら良いな』と自由闊達に意見を言っている。そのようななかから多くのアイデアが出てきている」と振り返った。「フッくん」というネーミングも社員たちが話し合った結果、名付けられたという。

大きな変化を迫られる

 1957年の同社設立以来、メーカーなどに向けてではなく、一般消費者向けに製品を販売したのは初めてのことだという。加藤社長は「ある意味、コロナショックによって、今まで作っていた製品とはまったく異なるものを生み出せた。下を向いても仕方ない。危機をチャンスに変えたい」と挑戦は尽きない。

ドアノブに触らず開けるようす
ドアノブに触らず開けるようす

緑区版のローカルニュース最新6

ヨガ無料見学・体験会

ヨガ無料見学・体験会 文化

東本郷地域ケアプラザで

5月12日号

横浜ローズウィーク開幕

横浜ローズウィーク開幕 文化

約2200品種9千株

5月12日号

「ひろばおはなし会」開催

【Web限定記事】

「ひろばおはなし会」開催 文化

いっぽで5月17日

5月12日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月12日号

埠頭を「見える化」

埠頭を「見える化」 文化

市、サイトで地図公開

5月12日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook