戸塚区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

戸塚町の大型物流施設 屋外デッキ地域に開放へ ブリヂストン跡地で着工

社会

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
外観イメージ=大和ハウス工業(株)提供
外観イメージ=大和ハウス工業(株)提供

 (株)ブリヂストン旧横浜工場跡地に建設される大和ハウス工業(株)の大型物流施設が10月1日、着工した。2022年6月に完成予定で、地域住民には屋外デッキやカフェテリアなどが開放される予定だ。

 施設名称は「DPL横浜戸塚」で、環状3号線と柏尾川沿いの戸塚町775に設置される=地図。敷地面積は5万6373・23平方メートル、建築面積は3万766・35平方メートルの地上4階建て。最大16テナントの従業員1000人が働くことを想定し、従業員用に普通乗用車383台の駐車場も擁する。

 住民に開放されるのは約450平方メートルの屋外デッキで、柏尾川遊歩道と物流敷地内をつなぐ形になる。そのほか施設2階のコンビニと1階カフェテリアも開放されるという。同社担当者はそれ以外の詳細はまだ未定としているが、遊歩道の散歩途中に休憩をしたり柏尾川を眺めたりすることができるなど、住民の憩いの場になることが期待される。

 また、横浜スタジアム約3・6個分という大型施設になるため、外観の圧迫感を緩和させるために壁面を空に向かって明るいグラデーションにするなど建物を小さく見せる工夫も。また、長さ13・7mに及ぶ45フィートコンテナ車が各階に直接乗り入れる、らせん状のランプウェイにはライトが漏れにくくなる目隠しを施すなど、周辺環境にも配慮したという。

住民は渋滞懸念も

 事業主体の大和ハウス工業(株)では、これまでに同様の物流施設など全国251棟を開発してきた。今回もその一環で、物流オペレーションにロボットを活用するなど「次世代型物流施設」に位置づける。また、25年に開通予定の首都圏中央連絡自動車道「(仮)戸塚IC」から約1・2Kmと将来的な利便性の高さにも注目する。

 一方で戸塚町に住む20代女性は「大きな車が出入りするので渋滞が心配」と懸念も示す。これに対し同社担当者は「設計上で渋滞が起きないよう工夫しているが、詳細は現在協議中」と説明。

 そのほか、地元の町内会からは「災害時に避難場所や備蓄場所として機能するようにしてもらえれば」との要望が寄せられている。

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単ボトルオープナー作り

【 Web限定記事】手作り無料講座

簡単ボトルオープナー作り

1月23日、横浜市下倉田地域ケアプラザ

1月23日~1月23日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク