麻生区版 掲載号:2016年9月9日号 エリアトップへ

岡上西コミュニティ交通 タクシーで運行実験へ 地域住民の足となるか

社会

掲載号:2016年9月9日号

  • LINE
  • hatena
今回の運行実験では、7カ所の乗り場が設けられる
今回の運行実験では、7カ所の乗り場が設けられる

 バス路線がなく、住民の高齢化も進み、近年コミュニティ交通の必要性が訴えられてきた麻生区岡上西地区で、9月12日からタクシーを活用した運行実験がスタートする。期間は12月9日までの約3カ月間を予定。本格導入へつながるか、地域住民の注目が集まる。

 運行実験が行われるのは、鶴川駅近くの「人道橋前」から和光大学奥の「十番坂下」までの往復約4Km(左の地図参照)。岡上西地区の住宅地へ向かうこの道は勾配があり、高齢化が進む同地区では、交通機関の必要性が叫ばれてきた。2014年7月に地域住民から成る「岡上西地区コミュニティ交通導入協議会」が設立され、アンケート調査や導入に向けた話し合いを川崎市などと重ね、まずは運行実験を行う運びとなった。今回はコスモ交通株式会社の協力のもと、車いすやベビーカーの利用者も乗車できるユニバーサルデザインタクシーを主に使用し、予約制を採用。

 運行は平日に限り、「十番坂下」発は午前7時30分から正午、「人道橋前」発は午前11時30分から午後6時30分の、それぞれ1時間に1〜2本ペース。事前予約制のため、予約のあった乗り場のみに停車する。車両は運転手を除くと4人乗り。運賃は1人400円(市高齢者特別乗車証明書、身体障害者手帳などの提示で100円引き)。

まだ課題も

 一方で課題も残っている。多くの住民が買い物や通勤、通院に利用する鶴川駅から「人道橋前」までの直線距離は約150mではあるが、住民からは同駅前での乗降を求める声もある。しかし、同駅前まで車で行くには、迂回しなければならず、渋滞も懸念される。また、1人400円という運賃がネックとなっているほか、定期的に運行するバスの導入を求める声などもあがる。

 同協議会の土屋隆寿会長は「今回は採算面を考慮し、空便をつくらないためにタクシーでの予約制を採ったが、将来的な理想としては、バスの定時定路線を目指していきたい」と話した。

 予約番号は【携帯電話】080・4946・4893。

麻生区版のトップニュース最新6

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

「東ルート」有力案 根拠示す

地下鉄延伸事業

「東ルート」有力案 根拠示す 経済

広域集客、バス連携を重視

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク