麻生区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

歯科医の新春コラム 令和元旦、新春の目標に考えたい災害時に強い「身体安全」とは ホワイトファミリー歯科 院長 堤富紀子

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 新年に立てる1年の目標に「災害時に強い健康な体と精神力」、というのはいかがでしょう?

 奥歯で目立つ金属をメタルフリー修復に移行するのも一つ。お口の金属は電磁波による異常電流を身体に流し、発がん性や免疫毒性への影響が認められることから欧米等では既に使用されていません。保険の金属詰め物は多くが数年で内部腐敗し虫歯や口臭、歯周病を重篤化させます。災害等の緊張時に痛んだり、歯の破損も危惧され、体の免疫力低下も招きます。

 私たちWFは(ホワイトファミリー)メタルフリー修復について、15年前から技術を磨いてきました。超精密にフルカバーにして、歯周ポケット内を超抗菌状態に保ち、歯周病予防を徹底します。

 2つ目が「Oリング噛み合わせ」です。大脳の前頭野の機能を正常化して強い精神力や計画性に働きかけます。災害下を生き抜く正しい判断力と精神力は、ストレスを跳ねのける病気にも強い身体を生み出します!

あなたの笑顔を本当の健康美顔に

 歯並びと噛み合わせは表情だけでなく脳に作用して大きく変わります。若さと健全な身体、強い精神力を生み出すのです。一年の計は元旦にあり。新年の始まりに、超精密修復と健康咬合を獲得してみませんか?

■定期コラムでは皆様のお口の不安に応え、最新情報を提供しています
 

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【2】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月31日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【1】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク