町田版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

町田市 「選挙身近に」出前講座 市内の全小・中・高校対象

政治

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
昨年11月に相原小学校で行われた模擬投票(市役所提供)
昨年11月に相原小学校で行われた模擬投票(市役所提供)

 国会(参院本会議)で17日に改正公職選挙法が成立し、選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられた。それに伴い、町田市選挙管理委員会ではこのほど、将来の有権者である児童、生徒を対象に「選挙出前講座」を実施する。

 町田市選挙管理委員会(=選管)では、学校の授業などにおいて児童・生徒らに選挙意義や重要性などの理解を深めてもらうことを目的に、3つの実施プログラムを用意。各学校のニーズ、授業時間に合わせた形で出前講座を行う。

 講座の概要は、【1】『本物の器材を使用して生徒会選挙などをやってみよう』【2】『選挙の授業を受けてみよう』【3】『模擬投票・開票をやってみよう』の3点。

 投票箱や投票記載台など本物の器材を貸出し、生徒会選挙への活用や、模擬選挙の中で本物の選挙のように、各候補者の中から自分たちの代表者を選ぶことで、自ら考え投票することの重要性を学ぶ。

 さらに選管事務局の職員が要望があった学校でクラスごとに選挙の授業を実施し、選挙制度や選挙の意義などについて学ぶ機会を設けるという。「まずは選挙を体験することの大切さを学んでもらいたい。多くの学校からの受講を期待しています」と同選管事務局。

 昨年11月に相原小学校で行った出前講座では、地域住民が候補者になるなどして協力し、実際に選挙体験を行った。体験した小学3年生の児童が「決断力が必要だと感じた」と感想を述べ、関係者を驚かせた。

 町田市選管事務局では、現在、同講座の案内文を市内の全(公立・私立)小・中学校、高等学校(計84校)に配布し講座受講の募集を行っている。
 

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

SDGs推進に向けて

町田JC

SDGs推進に向けて 社会

企業・教育・行政視点で考察

6月17日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

町田・川崎 両市が連携

6月17日号

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

エジソンメダルを受賞

町田市在住伊賀健一氏

エジソンメダルを受賞 社会

日本人では3人目の偉業

6月3日号

地域の介護 支えて10年

町田市介護人材開発センター

地域の介護 支えて10年 社会

人材の確保と育成に尽力

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter