町田版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

町田市 南アと交流深める マンデラデーで駅前清掃

政治

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
児童と給食を楽しむクズワヨ臨時代理大使
児童と給食を楽しむクズワヨ臨時代理大使

 2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでキャンプ地誘致活動を行っている町田市は18日、南アフリカ大使館の臨時代理大使らと町田市内で清掃活動などを行った。

 7月18日は南アフリカ元大統領のネルソン・マンデラ氏の功績をたたえるため制定された「ネルソン・マンデラ国際デー」。マンデラ氏はその生涯のうち67年間を、人種と社会的正義を求める闘争に捧げた。誕生日であるこの日を、誰かのために67分間の奉仕活動を呼びかける日となった。

 この日町田市では、石阪丈一町田市長、殿村健一町田市議会副議長、深澤勝町田商工会議所会頭、ボランティア市民らのほか在日南アフリカ大使館のロイス・B・クズワヨ臨時代理大使らも参加して、町田駅周辺の清掃活動が行われた。

 参加者らは町田ターミナルプラザ市民広場をスタートし、町田シバヒロまで清掃用具を片手にゴミを拾って歩いた。

 クズワヨ臨時代理大使は清掃後、町田第一小学校を訪れ、児童たちと一緒に給食を楽しんだ。この日の町田市内の全小学校の献立は、「南アフリカ」メニューで、チキンや南ア特有の野菜などを豊富に使用した郷土料理となった。児童たちにも大好評で、美味しそうに南アフリカの料理を楽しんでいた。

 食事中、急に降り出した雨にクズワヨ臨時代理大使は、「南アフリカの人たちは迷信深いので結婚式などおめでたい日に雨が降るのは縁起が良いです。神様が見守ってくれているのでしょう」と児童たちに話しかけていた。

 町田市は南アフリカと文化やスポーツで交流を深めていて、2020年東京五輪・パラリンピックでは南アフリカをもてなすホストタウンに登録されている。今後もキャンプ地招致に向け活動していくという。

町田駅周辺を清掃活動する参加者ら
町田駅周辺を清掃活動する参加者ら

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6

6年の宿泊行事実施へ

市立小学校

6年の宿泊行事実施へ 教育

県またぐ移動の緩和受け

10月29日号

児童・生徒にハレの場を

町田JC

児童・生徒にハレの場を 社会

舞台をオンライン配信

10月29日号

本選キップ掴む

法政大学

本選キップ掴む スポーツ

箱根駅伝予選会で8位

10月22日号

布団届けて熊本支援

原町田まくらぼ

布団届けて熊本支援 社会

地域越え業界に呼びかけ

10月22日号

道に愛称付け町に活気を

芝好園自治会

道に愛称付け町に活気を 社会

創立60周年の記念企画

10月15日号

グッドデザイン賞を受賞

市内2施設

グッドデザイン賞を受賞 社会

豊かな自然と暮らしの創出

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

町田の民権家を知る機会

町田の民権家を知る機会

自由民権資料館

10月24日~3月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク