町田版 掲載号:2019年1月31日号
  • LINE
  • hatena

町田市まちだ名産品のれん会の新しい会長に就任した 岡 健司さん 玉川学園在住 52歳

“町田ブランド”を全国区に

 ○…市民の郷土意識を高め、市内商工業の発展への寄与を目的に認定される「まちだ名産品」。学識経験者等で構成する推奨委員会が2年ごとに認定し、2018年で18回目を迎えた。今回、認定商品は過去最高の62品目。昨年11月に開かれた総会で投票により会長に決まった。最初に思ったのは「自分でいいのかな」。のれん会は昨年10周年を迎えた。自身は入会して5年目だが、幅広い人脈とフットワークの軽さで着実に関係を築いてきた。

 ○…まちだ名産品自体は35年以上の歴史がある。しかし知名度は、まだまだと言える。「ただし、この10年間で随分と変わってきた。それは、のれん会ができたからだと思う」。春と秋に開催している市役所での販売会も、自分の経験値を生かして秋からは変化をつけたいと意欲を見せる。

 ○…40歳を過ぎたときに商売をしたいと思い立ち、IT関係の仕事を辞めた。コーヒー豆の焙煎店を始めたのは商品を右から左へ流すのではなく、自分がきちんと関われるものだから。「焙煎する人によって味が違う不思議さとそれが評価される点が面白い」。軌道に乗るまで苦労したが、外に出て人と会うことで糸口を掴む。今ではさまざまなオリジナルブレンドを出し、その評価はうなぎ上りだ。2年前から市民劇団に入り舞台に立つ。「仕事と違う世界にいることで、いい切り替えができる」

 ○…近年、認定を希望する事業者が増えている。「嬉しい反面、名産品に認定されたから即もうかるというものではない」と厳しい見方もする。名産品として機能するためには、町田市の人たちが「これが町田土産だよね」と気軽に手にしてもらうことが大事。いつの日か“町田ブランド”として全国区になるよう、のれん会として前に出て自分たちの力で広めたい。

町田版の人物風土記最新6件

仙北屋 正樹さん

仙北屋 正樹さん

2月14日号

矢口 壹琅さん

まち元気プロレス〜町田プロレスの総合プロデューサーを務める

矢口 壹琅さん

2月7日号

牧野 邦男さん

1000組以上の縁談を手掛けてきた結婚相談室の代表を務める

牧野 邦男さん

1月24日号

戸塚 正人さん

一般社団法人町田青年会議所の第52代理事長に就任した

戸塚 正人さん

1月17日号

清水 海渡(かいと)さん

成人式「二十祭まちだ2019」の実行委員長を務める

清水 海渡(かいと)さん

1月10日号

田中 彰さん

来夏に国際版画美術館で「町田と自然」をテーマに展覧会を開く

田中 彰さん

12月20日号

特別養護老人ホーム福音の家

調理補助のお仕事しませんか。介護スタッフも募集中

http://www.fukuinkai.or.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カクレモモジリがやってきた!

カクレモモジリがやってきた!

町田シバヒロであそびの学校

2月9日~3月3日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク