町田版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

町田市まちだ名産品のれん会の新しい会長に就任した 岡 健司さん 玉川学園在住 52歳

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena

“町田ブランド”を全国区に

 ○…市民の郷土意識を高め、市内商工業の発展への寄与を目的に認定される「まちだ名産品」。学識経験者等で構成する推奨委員会が2年ごとに認定し、2018年で18回目を迎えた。今回、認定商品は過去最高の62品目。昨年11月に開かれた総会で投票により会長に決まった。最初に思ったのは「自分でいいのかな」。のれん会は昨年10周年を迎えた。自身は入会して5年目だが、幅広い人脈とフットワークの軽さで着実に関係を築いてきた。

 ○…まちだ名産品自体は35年以上の歴史がある。しかし知名度は、まだまだと言える。「ただし、この10年間で随分と変わってきた。それは、のれん会ができたからだと思う」。春と秋に開催している市役所での販売会も、自分の経験値を生かして秋からは変化をつけたいと意欲を見せる。

 ○…40歳を過ぎたときに商売をしたいと思い立ち、IT関係の仕事を辞めた。コーヒー豆の焙煎店を始めたのは商品を右から左へ流すのではなく、自分がきちんと関われるものだから。「焙煎する人によって味が違う不思議さとそれが評価される点が面白い」。軌道に乗るまで苦労したが、外に出て人と会うことで糸口を掴む。今ではさまざまなオリジナルブレンドを出し、その評価はうなぎ上りだ。2年前から市民劇団に入り舞台に立つ。「仕事と違う世界にいることで、いい切り替えができる」

 ○…近年、認定を希望する事業者が増えている。「嬉しい反面、名産品に認定されたから即もうかるというものではない」と厳しい見方もする。名産品として機能するためには、町田市の人たちが「これが町田土産だよね」と気軽に手にしてもらうことが大事。いつの日か“町田ブランド”として全国区になるよう、のれん会として前に出て自分たちの力で広めたい。

町田版の人物風土記最新6

市川 展久さん

第55代町田青年会議所理事長に就任した

市川 展久さん

木曽在勤 38歳

1月13日号

石橋 光穂(みつほ)さん

「二十祭まちだ2022」の実行委員長を務める

石橋 光穂(みつほ)さん

小山町出身 20歳

1月6日号

矢舟 テツローさん

市内出身のミュージシャンで、約6年ぶりにアルバムを発表する

矢舟 テツローさん

町田市森野出身 

12月9日号

中坪 亮輔さん

まちだ野菜を市民に届ける株式会社マチコロで代表取締役を務める

中坪 亮輔さん

木曽西在住 20歳

12月2日号

岡 資治さん

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める

岡 資治さん

旭町在勤 63歳

11月25日号

林 アメリーさん

布のアッサンブラージュ作家で、町田福音キリスト教会で作品展を開く

林 アメリーさん

品川区在住 88歳

11月18日号

『町田独立宣言』

町田への愛と危機感を込めた渾身の一冊。今春、町田市内書店にて発売予定!

https://ameblo.jp/takahiro0938/

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook