町田版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

女子プロボクサーの世界チャンピオンとして初の防衛戦に挑む 花形 冴美さん 高ヶ坂在住 34歳 

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena

掲げた拳で未来を開く

 ○…リングネームの「花形(本名は田中)」は師匠であり、元世界チャンピオンの花形進氏から譲られた。かつては北里大学に進学し、医者を目指していたこともある異色のボクサーだ。中学時代はジェフユナイテッド市原・千葉レディースのサッカー選手。進学校に進み、高校、大学ではハンドボールに打ち込んだ。格闘技にはずっと憧れていた。ボクシングの魅力に取りつかれ、3年で大学を中退。「勉強はまたできるが、ボクシングをやるには今しかない」。周囲の反対を押し切った。

 ○…日本ボクシングコミッション(JBC)が女子を解禁後、プロテストに合格。女子プロボクサーとしては1期生にあたる。昨年9月、プロになって10年、5度目の挑戦で悲願だった世界チャンピオンの座に付いた。ベルトや王座が欲しかったわけではない。「あきらめなければできるということを証明したかった」

 ○…孤高なイメージのあるボクサーだが、人一倍明るく、よく話す。人が大好きで、時間があれば友人たちと遊ぶ。「よほど疲れていない限り、一人でいることはないですね。さみしがり屋なんです」。高校時代からの友人もボクサーになったことを「冴美らしいね」と応援してくれる。

 ○…ボクシングは「自分と向き合うスポーツ」だと思っている。相手よりも自身との戦い。そんなところも自分に合っているのかもしれない。母は大学を辞めることも、ボクサーになることも大反対。それでも全試合を見に来てくれる。王者になったときに初めて「よくやった」とほめてくれた。結婚もしたいし、年齢的に将来のことも考える。いつまでもできることではない。「だから今はボクシングに集中し、精一杯やりきりたい」。掲げた拳は未来を切り開くためにある。
 

町田版の人物風土記最新6

村野 豊明さん

神楽殿を新築した野津田神社の総代長を務める

村野 豊明さん

 野津田町在住 70歳 

8月15日号

柳生 絵美子さん

“ママさんピアニスト”として町田を主な舞台として演奏会を開く

柳生 絵美子さん

 川崎市在住 39歳 

8月1日号

井上 博行さん

町田・相模原経済同友会の代表幹事に就任した

井上 博行さん

山崎町在住 79歳

7月25日号

清水 行雄さん

町田市観光コンベンション協会の会長に就任した

清水 行雄さん

 成瀬在住 77歳 

7月18日号

原 智之さん

初開催となる「マチダブル2019」の実行委員長を務める

原 智之さん

 高ケ坂在住 41歳 

7月4日号

高橋 未来子さん

オペラ歌手で、町田イタリア歌劇団10周年記念公演「アイーダ」に出演する

高橋 未来子さん

 相模原市在住 

6月27日号

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク