逗子・葉山版 掲載号:2014年10月10日号 エリアトップへ

矢部ふさおの「花たれ雑記【6】」 激甚豪雨、どうなる逗子・葉山

掲載号:2014年10月10日号

  • LINE
  • hatena
台風で増水した田越橋付近
台風で増水した田越橋付近

 8月、広島市内で発生したゲリラ豪雨による土砂災害は74名の尊い命を奪いました。土石流の凄まじさを知ると同時に、日本の都市部では何時どの地域にあっても起こり得る災害だと感じた方も多いのではないでしょうか。私たちも今一度、河川砂防対策を見直す必要があります。

 さて、私たちが暮らす逗子市・葉山町では、県所管の河川区域に田越川・森戸川・下山川があります。それぞれ浸水想定を県の区域図でみると、逗子市の計画雨量は1時間の最大雨量が82ミリ、葉山町は74ミリとなっています。一見、逗子の降雨強度が高いように思われますが、これには米軍家族住宅建設時に整備された池子川(田越川支流)の巨大調整池(10万3千トン)が寄与しています。本流の流下能力で言えば、時間雨量は50ミリ。しかもこれは県の河川改修による目標と定めているもので実際の改修は完了していません。もし、広島のような豪雨が長時間続けば調整池が水量の限界を超え、狭隘部の田越橋上流部は胸高を超す大洪水に見舞われる可能性があります。早期の橋の架け替えと河川拡幅が待たれます。

 ところで雨による土砂災害ですが、「危険箇所」と呼ばれる場所がいくつあるかご存知でしょうか。逗子市では土石流危険渓流6カ所、急傾斜地162カ所、葉山町では土石流危険渓流17カ所、地すべり危険箇所10カ所、急傾斜地157カ所がそれぞれ指定、種々の理由で未指定もありそれ以上ということになります。広島のように土砂に大量の水分が含まれると地層表面だけでなく、地層沿いに山全体が崩れる深層崩壊が起こる危険性があります。10年ほど前、横須賀市秋谷を走る国道134号線が長期の災害復旧工事をしていましたが、これは地すべり危険箇所に多く指定されていた海岸側が崩壊したことが原因でした。

 私たちは、土砂災害が想定される地域では被害が最小限となるように砂防ダムを整備し、崖崩れを防ぐためにコンクリート擁壁を築くなど日頃から地域の安全確保に努めねばなりません。異常気象が相次いでいる昨今であればなおのことです。
 

矢部房男

逗子・葉山版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナウイルスによる危機から国民を守ります

国政報告vol.7

新型コロナウイルスによる危機から国民を守ります

立憲民主党・衆議院議員 早稲田ゆき

4月3日号

安心安全なまち・逗子葉山へ

安心安全なまち・逗子葉山へ

〜新春寄稿〜 神奈川県議会議員 近藤だいすけ

1月1日号

持続可能なまち・逗子葉山へ

〜新春寄稿〜 神奈川県議会議員 近藤だいすけ

持続可能なまち・逗子葉山へ

1月1日号

「働きながら暮らす」ができるオンリー逗子へ

桐ケ谷さとると若手起業家が対談

「働きながら暮らす」ができるオンリー逗子へ

11月30日号

財政危機は脱していない

桐ケ谷さとるの提言 意見広告

財政危機は脱していない

体質変わらず 市民サービスにしわ寄せ

11月16日号

税収増への取組み必須

桐ケ谷さとるの提言 意見広告

税収増への取組み必須

企業誘致と起業・女性の就業支援を

11月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク