藤沢版 掲載号:2015年9月25日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢市民病院 「新東館」供用スタート 外来や病棟の利便性高まる

社会

アルファベットで表示分けされた外来
アルファベットで表示分けされた外来
 老朽化に伴って、再整備事業が行われてきた藤沢市民病院の「新東館」の一部が8月下旬に竣工し、9月24日から新施設での外来と病棟の供用がスタートした。待合空間や病室など、施設全体がゆとりある作りとなったほか、モニターでの外来誘導、機能集約など市民の利便性が高まった。

 新東館は、鉄筋コンクリート造8階建ての免震構造。延床面積は約2万5千平方メートル。外来診察室は1、2階に集約され、診療科ごとにアルファベットのA〜Jで誘導表示し、分かりやすく配置、待合スペースを広く設けた。これまでの外来誘導は看護師による呼び出しだったが、新施設ではモニターを設置し、番号表示で呼び出す。

 3階にはMRIやCT、内視鏡、心電図などの各検査室を集約。6階から8階の一般病棟は276病床あり、個々の病室(4人部屋)では一人あたり約1・6倍のスペースを確保した。各部屋にトイレを設け、大きな窓からは自然光を取り込め、境川を望める。また、同じフロアにラウンジを確保し、入院患者や面会人が食事や談話ができるほか、屋上には、江の島や市内を一望できるテラスも。

 同施設は13年12月から建物本体の工事に着手しており、17年12月までに、西館の改修工事、続いて現東館の解体や中央棟の建設を実施する予定。最終工期で新東館のエントランスの建設および、外構工事を行い、全施設をリニューアルさせる。同院では、「市民の利便性に配慮した病院づくりを目指す」と話す。

明るく広くなった4人部屋
明るく広くなった4人部屋

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク