鎌倉版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

関東合唱コンクール 鎌倉の2校が”金”受賞 清泉は中・高で全国へ

教育

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena
清泉女学院は佐藤教諭の指導のもと、中学、高校ともに練習。全国大会へ向けて意気込みを見せる
清泉女学院は佐藤教諭の指導のもと、中学、高校ともに練習。全国大会へ向けて意気込みを見せる

 清泉女学院中学高等学校音楽部と横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校合唱団が、9月27日、28日に行われた「第69回関東合唱コンクール」で金賞を受賞した。清泉女学院は中学部門同声で総合1位、高校部門Aで総合2位となり、10月25日、26日に岩手県で開かれる全国大会へ出場する。

清泉女学院

 昨年も全国大会で優秀な成績を収めるなど、合唱の強豪として知られる清泉女学院の音楽部。「関東合唱コンクール」では高校生が「日本語の詞を大切に歌いたい」と高村光太郎作の「智恵子抄」を合唱曲にした「亡き人に」を自由曲に選択。中学生は「ウビカリタス」など宗教曲を中心に披露した。中学・高校ともに金賞となり、10月25日、26日に岩手県で行われる「全日本合唱コンクール」への出場が決定。大会に向けて、同部部員は熱のこもった練習を続けている。

 さらにOGによる合唱団「La Pura Fuente」も同コンクールの室内合唱の部で金賞を獲得、総合1位となり、11月22日に香川県で開かれる全国大会へ駒を進めた。

 強さの秘訣について、「中学生と高校生、OGが一緒に練習しているので、目標を身近に感じられることが上達につながっているのでは」と顧問の佐藤美紀子教諭。「中学・高校がそろって出場を決めるは珍しいこと。今回は初めてOGも全国大会へ進むので、『清泉ファミリー』の歌声が大舞台で響くことを楽しみにしています」と生徒らにエールを送った。

横国大附属中

 横浜国大附属鎌倉中学校の合唱団は部活動ではなく2、3年生の有志で構成される。始業前や昼休み、部活動後の30分など限られた練習時間ながら、毎年コンクールで優秀な成績を残している。

 今年の「関東合唱コンクール」では「梁塵秘抄KOYANAGI」などを披露し、中学部門混声で金賞を受賞。総合3位までに与えられる全国大会への出場権にはあと一歩、届かなかったものの、昨年の銀賞という成績を上回った。3年生で団長の田村優さんは「昨年を超えることができてうれしかったけれど、少し悔しさが残る」と大会を振り返った。

 現在のメンバーでの舞台は、10月24日に校内で行われる合唱祭が最後となる。ラストステージに向け、3年生の幅早織さんは「先輩の姿に憧れて合唱団に入った。仲間と歌える時間が好きだったので、これで最後だと思うと少し淋しい。後輩たちには頑張って欲しい」と話した。

合唱祭に向け練習する横国附属中の合唱団
合唱祭に向け練習する横国附属中の合唱団

鎌倉版のトップニュース最新6

ワクチン接種協力に感謝状

ワクチン接種協力に感謝状 社会

市から13の個人・団体へ

1月28日号

地元で強まる反対姿勢

地元で強まる反対姿勢 社会

「山ノ内交番」廃止問題

1月28日号

「鎌倉全域を楽しんで」

鎌倉農泊協議会

「鎌倉全域を楽しんで」 経済

スタンプラリーなど実施

1月21日号

改修工事し文化財保存

材木座公会堂

改修工事し文化財保存 社会

100年先を見据え

1月21日号

コロナ感染、前週比9倍に

コロナ感染、前週比9倍に 社会

鎌倉でも年明け急増

1月14日号

「鎌倉殿の13人」スタート

「鎌倉殿の13人」スタート 社会

コミカルな中に凄惨さ

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松竹記念作など上映

鎌倉同人会

松竹記念作など上映

3月9日 鎌倉芸術館で

3月9日~3月9日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook