鎌倉版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

5千円電子クーポン配布へ 12月15日から利用可能

経済

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市はこのほど、市民1人に5000円分の電子クーポンの配布を決めた。消費行動を活発にすることで、コロナ禍に苦しむ市内中小事業者の支援につなげたい考えだ。

 鎌倉応援買い物・飲食電子商品券「縁むすびカード」と名付けられたこの事業。

 10月1日時点で鎌倉市に住民登録のある人(乳幼児なども含まれる)を対象に、1人5000円分のカード型クーポンを配布するというもの。

 12月上旬にまずカード型クーポンが世帯ごとにまとめて発送され、事業開始と同時に金額がチャージされるという仕組み。使用できるのは、12月15日から来年3月15日まで。

 地域の小売店、飲食店、サービス業など中小店舗の支援を目的としているため、店舗面積が1千平方メートル以上の大規模商業施設やチェーン店は除外される。

 取扱店舗でカードを提示すれば、取扱店舗がスマートフォンでQRコードを読み込んで決済する。スマホを持っていない事業者には、事業期間中だけ貸し出すことを予定している。

 総事業費は9億9091万円。

事務費など圧縮

 市内の中小店舗では新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの店舗で売り上げが前年比3〜5割減という苦境が続いている。

 そのため中小店舗支援を目的とした電子クーポン事業が、7月15日と16日に開催された市議会臨時会にも提案され、この時は「1人3000円」「11月1日から来年1月31日まで」としていた。

 しかし、市議会議員からは「目的や効果が明確でない」「電子クーポンでは店側も新たな機器を導入する必要があり、対応できない事業所が増えるのでは」といった制度そのものへの意見や、事務費が1・3億円と高額になっていることなどについて疑問が相次いだ。

 結局、同臨時会ではクーポン事業を削除した補正予算案が可決される事態となっていた。

 これを受けて市では事業の見直しを進めてきた。クーポンの額を2000円増額して支援効果のアップを狙うとともに、事務費も約2700万円圧縮した。

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク