鎌倉版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき〈第21回〉 谷戸の名前とその歴史

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
谷戸の風景
谷戸の風景

 鎌倉の地形は三方が山に囲まれ、南は相模湾が開けている。その三方の丘陵にはいくつものひだのような谷が入り組んでおり、こうした谷は「谷戸」(やと・やつ)と呼ばれ、古くから人々が生活を営んできた。

 もっとも身近なのは、地名にもなっている「扇ヶ谷(おおぎがやつ)」であろう。室町時代、この場所に邸宅を持った上杉氏の一族は「扇谷上杉氏」と呼ばれた。ちなみに「犬懸ヶ谷(いぬかけがやつ)」に邸宅を構えた一族は「犬懸上杉氏」である。

 また現在、妙本寺のある場所は「比企ヶ谷(ひきがやつ)」と呼ばれ、比企一族が邸宅を構えていた。しかし比企能員が建仁三年(1203年)北条時政によって滅ぼされ、二代将軍源頼家が伊豆に流され幽閉となるなど、悲劇の舞台ともなった。比企能員の子・能本が日蓮に帰依し妙本寺が建立された。

 それから、その日蓮が鎌倉に来て最初に草庵をむすんだのが「松葉ヶ谷(まつばがやつ)」である。ここから「立正安国論」が北条時頼に建白された。しかし何者かによって草庵が襲撃をされ、何とか一命をとりとめるという事件が起こっている(松葉ヶ谷の法難)。

 そして日本における「ナショナルトラスト運動」の先駆けとなった「御谷(おやつ)騒動」の「御谷」は鶴岡八幡宮の北西に位置する谷戸である。昭和三十九年(1964年)、鶴岡八幡宮の後背部の緑地開発に反対した保存運動を機に、「古都保存法」が制定された。

 ここで紹介した「谷戸」はほんの一部である。市内には多くの「谷戸」があり、それぞれが歴史と深いかかわりを持っている。こうした場所を巡るのも鎌倉散策の楽しみの一つである。

浮田定則
 

鎌倉版のコラム最新6

北条政子ゆかりの地へ

鎌倉のとっておき 〈第105回〉

北条政子ゆかりの地へ

4月2日号

尼将軍、北条政子とは?

鎌倉のとっておき 〈第104回〉

尼将軍、北条政子とは?

3月12日号

観音菩薩を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第103回〉

観音菩薩を訪ねて

2月19日号

踏切の傍らにひっそりと

鎌倉のとっておき 〈第102回〉

踏切の傍らにひっそりと

2月5日号

鎌倉で舞い踊る

鎌倉のとっておき 〈第101回〉

鎌倉で舞い踊る

1月29日号

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク