港南区・栄区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

「新たな課題も取組を着実に」 宅建協会が総会

経済

あいさつに立つ山野井支部長
あいさつに立つ山野井支部長
 南区・港南区・磯子区・金沢区の不動産業者で構成する神奈川県宅地建物取引業協会横浜南部支部(山野井正郎支部長/会員数477)が10日、2018年度通常総会をひまわりの郷で開いた。昨年度の事業や今年度の事業計画の報告があった。

 あいさつに立った山野井支部長は「東日本大震災後、不動産業界を巡っては所有者が不明な土地の問題が浮かびあがり、新たな課題と向き合っている。これまでも様々な課題を乗り越えながら業界が発展してきた。協会が設立されて50年がたった今、新たな一歩としてしっかりと取り組んでいきたい」と話した。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

IoTを経営のヒントに

横浜南法人会記念講演会

IoTを経営のヒントに

6月13日 ローズホテルで

6月13日~6月13日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク