麻生区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

黒川 馬は「相棒」 みんなを笑顔に しゃべりっちょ牧場

社会

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

 鶴川街道の黒川から鶴川に向かう途中でわき道を入ると見えてくる「うま!?」と書かれた看板。その先をたどっていくと、本当に「馬」が-。

 そこは橋本山風(あらし)さんが経営する「しゃべりっちょ牧場」(黒川276)。ロダ(牡)、ナノ(雌)、アルファ(雌)の3頭のポニーが飼育されている。引馬(スタッフが手綱を持って乗馬)、乗馬、グラウンドポニー(馬の調教)などが体験できる施設だ(有料)。

乗馬体験や出張も

 2012年にオープンした同牧場。一緒に乗馬をやっていた妻の「馬を飼ってみたい」の一言がきっかけだった。最初はしり込みしながらも、仕事もひと段落していたこともあり「人がやらないことをやったら面白いかも」と親が土地を持っていた同所に牧場を構えることを考えた。

 始めるにあたり、乗馬クラブで飼育を勉強。言葉がしゃべれないため、よく観察し、常に馬の気持ちを考えてあげないといけない。馬と一緒に歩み続けて9年。今や「相棒のような存在」と慈しむ。

 乗馬体験のほかにもイベントや、近隣の幼稚園の特別授業などの出張のほか、大手アパレルメーカーのCMにも出演したことも。「馬を通して、いろいろな人とつながりができた。子どもたちや、お客さんに喜んでもらえる。その笑顔を見るのが好き。会社員の時より収入は下がったけど、良い仕事だなと思っています」と笑顔で話す。

 詳細は同牧場ウェブサイト(http://syabericcho.minibird.jp/)。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook