町田版 掲載号:2017年7月20日号 エリアトップへ

清原惟監督 3度目の入選 ぴあフィルムフェスティバル

文化

掲載号:2017年7月20日号

  • LINE
  • hatena
「わたしたちの家」(2017年/80分/アメリカンビスタ/カラー)のワンシーン
「わたしたちの家」(2017年/80分/アメリカンビスタ/カラー)のワンシーン

 町田市在住の清原惟監督の作品「わたしたちの家」が、第39回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)のコンペティション「PFFアワード2017」で入選した。清原監督は同フェスティバル2014年、15年に続いて3度目の入選。

 10代から60代まで全国から548作品が応募した自主映画の祭典「PFF」。今年はこの中から17作品が入選作品として残った。

 「わたしたちの家」は東京藝術大学大学院映像研究科映画先行監督領域修了作品。内容は、「ある一軒家で、母親と二人暮らしのセリの暮らしと、記憶を無くした女サナの生活が2つの時間が流れていく…」。

 入選作品は9月16日(土)から東京国立近代美術館フィルムセンターで開催する第39回PFFで上映され、最終日の9月29日(金)に、最終審査員らにより各賞が発表される。

 この「わたしたちの家」の上映会が地元町田市で行われる(協力・対話のデザイン研究所)。7月28日(金)、午後7時開映(6時30分開場)。会場は日本キリスト合同教会つるかわ台教会(町田市真光寺2の13の20)。入場無料(定員30人)。上映後に清原監督を囲む茶話会も予定している。「わたしたちの家」のほかに『波』(2017年短編作品)も同時上映される。イベント終了は9時30分ごろを予定している。

 清原監督は1992年生まれ。和光高等学校、武蔵野美術大学映像学科卒業後、東京藝大に進学。映画祭「TAMA CINEMA FORUM」の第16回TAMA NEW WAVEにもノミネートされている。「PFFには3度目の入選になり、また今年も関わらせていただける嬉しさを噛みしめています」と清原監督。

町田版のトップニュース最新6

本選キップ掴む

法政大学

本選キップ掴む スポーツ

箱根駅伝予選会で8位

10月22日号

布団届けて熊本支援

原町田まくらぼ

布団届けて熊本支援 社会

地域越え業界に呼びかけ

10月22日号

道に愛称付け町に活気を

芝好園自治会

道に愛称付け町に活気を 社会

創立60周年の記念企画

10月15日号

グッドデザイン賞を受賞

市内2施設

グッドデザイン賞を受賞 社会

豊かな自然と暮らしの創出

10月15日号

移転30周年を迎える

昭和薬科大学

移転30周年を迎える 教育

ノーベル賞受賞者が特別講演

10月8日号

地域見守り無事カエル

NPO法人川さらい

地域見守り無事カエル 社会

防犯カメラを設置

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

町田の民権家を知る機会

町田の民権家を知る機会

自由民権資料館

10月24日~3月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク