町田版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「その人らしく」のために病院と、地域をつなぐ 鶴川サナトリウム病院東京都指定/地域連携型認知症疾患医療センター

 2015年度に東京都から地域連携型の認知症疾患医療センターの指定を受けた鶴川サナトリウム病院。外来患者のほか地域の病院から紹介された患者を診察する。「認知症の症状は個人差があります。その人にあった治療法、介護の提案、地域との連携方法など細心の注意を払っています」

 高校生の時に「社会に必要とされる職業に就こう」と医師を志す。大学病院に勤めていた時に高齢者医療センターに配属になり、それ以後、高齢者医療を専門としている。根本治療が開発されていない認知症は、「やはり早期発見、進行予防が大切です。生活の質を落とさないようにすること、その人らしく生活できるようにすることを心がけています」。認知症の治療は地域の理解・協力が不可欠。地域への理解を広めるために、普及啓蒙にも力を入れている。「生活機能の低下、物忘れの進行等は地域とのつながりが希薄になっていることが多いようです。つながりを取り戻せるよう手助けすることも私の役割」

 認知症予防は生活習慣病と同じく、規則正しい生活、適度な運動、バランスの良い食事が重要という。本人でも家族でも「アレッ」と不安を感じたら、すぐに相談してほしいという。専門の職員が相談に乗り、適切なアドバイスをしてくれる。

 これからは近隣だけなく、広域な連携の構築が必要だと感じている。「町田だけなく川崎や相模原などの病院とも連携して、早期の相談できる体制を築いていきたい」という。

 小学6年生を筆頭にお子さん3人。「休日は子どもと遊ぶことで1日が終わっちゃいますね」と笑う。時間があるときは鶴川駅まで歩いたりジョギングすることでリフレッシュ。「子育てが一段落したらゆっくり海外旅行でもしたいですね」

鶴川サナトリウム病院

町田市真光寺町197

TEL:0120-115-513

http://www.tsurusana.com

町田版のピックアップ(PR)最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

魅力的な街の姿とは

魅力的な街の姿とは

話題の本の著者が語る

2月7日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク