厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

元旦号特別企画 厚木が駆けた“平成” 30年をプレイバック

社会

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
平成8年2月に開通したあゆみ橋
平成8年2月に開通したあゆみ橋

 天皇陛下の退位と、皇太子殿下の新天皇即位に伴う新たな時代の幕開けまで、120日。30年に及ぶ「平成」を駆け抜けた厚木の来し方を紐解く。

 平成元年の厚木市は足立原茂徳市政の3期目で人口は19万2493人。4月に厚木市シルバー人材センターが発足、10月に荻野運動公園の競技場とテニスコートがオープンした。翌2年7月、厚木一番街にモールが完成。11月には市最大の公共施設・総合福祉センターが中町に開所した。

 平成3年、2月の市長選で足立原氏が4回目の当選。7月には人口が20万人を突破した。4年4月に新座架依橋が開通、翌5年の第47回郡市対抗駅伝競走大会(現かながわ駅伝)で厚木市が初の準優勝に。

 平成6年3月に厚木パルコ開店。7年1月、阪神淡路大震災の救助活動に市職員を派遣。2月の市長選挙で山口巖雄氏が初当選を果たす。8年8月、厚木市がホームページを開設、9年4月に厚木中央公園が全面オープンした。

 平成10年、市郷土資料館がオープン。11年4月、前年に市へ寄贈された古民家岸邸が開館。12年、厚木市は湘南ベルマーレのホームタウンの一つに。翌13年ファミリーサポートセンターが開所。14年4月には本厚木駅周辺で暴力団抗争による発砲事件が勃発した。

 平成15年、山口市政3期目へ。厚木市立病院がオープンする一方、青山学院大学厚木キャンパスが閉鎖。16年3月には厚木高校ダンスドリル部が全米選手権でグランプリ、10月に新潟県中越地震の救助活動に市職員を派遣。17年5月、第1回小江戸あつぎまつり開催。18年4月には厚木市東京事務所が開設し、企業誘致を推進。

 平成19年1月、小林常良氏が市長選初当選。20年2月に厚木パルコ閉店。11月の第3回B-1グランプリで、厚木シロコロ・ホルモンが優勝。この年22万6419人で過去最多の人口を記録。21年4月、新総合計画「あつぎ元気プラン」スタート。

 平成22年、県央相模川サミット発足。23年には市のマスコットキャラクター、あゆコロちゃんが誕生。翌24年、厚木市斎場が完成し供用開始。25年3月に圏央厚木インターチェンジ開通。26年4月、パルコ跡地にアミューあつぎがオープンした。

 平成27年2月、厚木市は誕生から60年を迎えた。28年9月、いきものがかりがメジャーデビュー10周年凱旋ライブを荻野運動公園で開催。29年9月、本厚木駅南口の再開発がスタート。30年8月、厚木市が沖縄県糸満市と友好都市を締結した。

 平成はあと、120日。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

複合施設整備へパブコメ

厚木市

複合施設整備へパブコメ 社会

市庁舎移転など含む計画案

11月8日号

地域活性に貢献し500回

にぎわい美化清掃

地域活性に貢献し500回 社会

12年で7500人が参加

11月8日号

外国籍住民に「出前講座」

愛川町

外国籍住民に「出前講座」 社会

新規事業で地域を解説

11月1日号

小・中全36校に屋外AED

厚木市

小・中全36校に屋外AED 教育

災害時、一般開放時に備え

11月1日号

「継続でゴミはなくなる」

森の里クリーンサークル

「継続でゴミはなくなる」 社会

地域の美化活動で10年  

10月25日号

ISS(インターナショナルセーフスクール)4回目の認証取得へ

東名中が開校50周年

東名中が開校50周年 教育

資料から「お宝」見つかる

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク