横須賀版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

浄楽寺副住職で「大地の再生」プロジェクトに取り組む 土川 憲弥(けんみ)さん 芦名在住 35歳

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena

自然共生広がる発端に

 ○…郵便の父・前島密の菩提寺として知られる浄楽寺で、寺本来の存在意義を原点に立ち返り、地元住民らと共に持続可能な共生環境を作っていくプロジェクトに乗り出した。「皆が自然環境の変化や保護の大切さに気付き始めた今が始め時。五感で自然を感じながら関わり方を考えるこの”勉強会”を、一人ひとりが身の周りでも環境改善を実践できるきっかけにしてもらえれば」

 ○…「居心地が良く、憩える地域の”ハブ”として皆がもっと気軽に集える場所へ再び生まれ変わらせたい」。それが夢だ。取り組んでいる「大地の再生」では、人間が変えてしまった自然環境で循環しなくなった大地の水や空気を正常に戻すため、土木作業を中心に行っている。参加者は県外からも多数。「もっと地元にも広げなければならないんですけどね」とまだ課題もありそうだ。

 ○…柔和で落ち着いた表情からは想像もできないが、「以前は金髪にピアスを付け、とがっていた」と笑う。横須賀へやってきたのも仏門に入ったのも実は10年ほど前。宮城県に生まれ、「海の家を経営したい」とまずは21歳で逗子へ。その後も複数の飲食店を立ち上げ、人材エージェントも手掛けるなど、根っからの起業家気質。そこで人間関係など多くの苦労を経験した。「人によって幸せの感じ方が違うと痛感。そんな時に仏教に触れて感動し、気付けば今」という。

 ○…現在は住職である義理の母と二人三脚で寺を切り盛り。「こうした新しいことを始められるのは住職の理解あってこそ」と感謝。今年は他にも新たなプロジェクトを計画中。「忙しいが毎日が楽しいので苦にならない。周りと一緒にじっくりと取り組んでいきたい」と自身も幸せな生き方を模索する。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

比護 匠さん

コンガ・パーカッション奏者で市内外でライブを行う

比護 匠さん

阿部倉在住 18歳

2月26日号

土川 憲弥(けんみ)さん

浄楽寺副住職で「大地の再生」プロジェクトに取り組む

土川 憲弥(けんみ)さん

芦名在住 35歳

2月19日号

内藤 聡介さん

キューバのありのままの姿を題材にした写真展を開く

内藤 聡介さん

三春町在住 40歳

2月12日号

原 良一さん

津久井浜海岸でSUPマラソンレースを企画した

原 良一さん

長沢在住 58歳

2月5日号

岡山 奈央さん

全日本高校デザイン・イラスト展で内閣総理大臣賞(全国1位)を受賞した

岡山 奈央さん

港が丘在住 18歳

1月29日号

原 裕樹さん

社会福祉士で援助者の援助をテーマにした育成塾「YS-ï」を立ち上げた

原 裕樹さん

長沢在住 57歳

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク